FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「幼な子われらに生まれ」

osanago.jpg

家庭内での悲惨な事件が頻発する、今という時代だからこそ描かれた家族の物語。
バツイチ同士の男女が結婚、連れ子との関係をどう構築して親になっていくか。
そうした風景を通して、家族それぞれが抱える問題を浮き彫りにしていく。
そして歪な家族なりの解決策を見出していく。
それを家族の視点、別れたそれぞれの男女、そして子供の視点を交えながら描いていく。

親が子供を育てるというのは当たり前の話だが、逆に親も子供によって育てられる、というのもまた一面の真実。
すなわち子育てをするなかで、親もいっしょに成長していくことになる。
そうやって初めて親になる。
子供を育てるというのは、自分自身を育てるとことでもある。

原作は重松清の同名小説。
それを数々の名作を書いてきた荒井晴彦が巧みに脚色。
登場人物それぞれのキャラクターが、説得力あるリアルさで描かれている。

たとえば妻の別れた前夫のDV男などはその嚆矢。
親になることを放棄してしまった男の身勝手な言い分を聞かされるが、全面否定できないものを含んでいる。
同時にそんなDV男の秘めた優しさも、何気ないエピソードによって見せていく。
一面的ではない人間の複雑さを描き出している。
演じるのは宮藤官九郎。
こういうダメ男を演じると、精彩を放つ。

夫婦を演じるのは、浅野忠信と田中麗奈。
いずれも適役。
とくに浅野忠信が素晴らしい。
宮藤官九郎演じるダメ男とは対照的な、真面目で誠実なサラリーマン。
リストラに合いながらも、それを家族にも告げず、ただ一途に家庭を修復しようとする。
だがそうした懸命さが、却って思春期の連れ子の神経を逆撫ですることになる。
そして問題がさらに複雑になっていく。
そんななかで右往左往する浅野忠信の不器用な姿が印象に残る。

さらに彼の別れた元妻を演じているのが、寺島しのぶ。
彼女もまた小学生の娘を連れて別な男と再婚しているが、夫は不治の病で余命いくばくもない。
そんな家族を対比させることで、家族とは何かというテーマを、さらにもう一段深く掘り下げていく。

こうした家族の風景を監督の三島有紀子は、けっして声高に描くことはせず、ごく当たり前の日常の連続のなかで描いていく。
そうした距離のとり方には、好感を覚える。
見応えのある家庭劇である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ノー・エスケープ 自由への国境」

no-escape.jpg

メキシコ国境を舞台にしたマンハント映画。
トランプ大統領の国境の壁問題で注目されることの多いメキシコ国境だが、映画はそうした動向に合わせて作られたというわけではなく、それ以前に構想、製作されたもの。
ちなみにメキシコ国境を舞台にした密輸、密入国ものとしては、「トラフィック」や「ボーダー・ライン」などが思い浮かぶ。

ストーリーはごくシンプル。
密入国するメキシコ人たちを、ハンターが獲物を狙うようにライフルで次々と殺戮していくというもの。
その設定から連想されるのは、ごくささいなことがきっかけで、生死を賭けた執拗な追跡劇が始まるというスピルバーグの「激突!」。
いずれも追いつ追われつだけに絞り込んで、手を変え品を変えた展開で見せる。
そのシンプルさは、まさに映画ならでは。
またいずれも追う側が、正体不明というところも似通っている。
ちなみにこの映画のハンターは、猟犬を従えているが、それは人狩り用に訓練された犬で、いったん命令を下すと、逃げるメキシコ人たちを猛然と追いかけて攻撃する。
まさに殺人犬である。
その獰猛さと能力の高さは、この追跡劇の恐怖を一段と盛り上げている。
先日観た「しあわせな人生の選択」での犬の穏やかさとは、真逆の存在だ。

監督・脚本はホナス・キュアロン。
「ゼロ・グラビティ」の監督アルフォンソ・キュアロンの息子である。
「ゼロ・グラビティ」ではシナリオの共作者として名を連ねていたが、監督としてはこれが2作目。
「激突!」には及ばないものの、父親譲りの手堅い演出には見るべきものがある。
今後が楽しみな監督だ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : 映画感想  ジャンル : 映画


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2019年2月)

観た映画


armyman.jpg「スイス・アーミー・マン」(DVD)
2016年アメリカ 監督/脚本:ダニエル・シャイナート/ダニエル・クワン 出演:ダニエル・ラドクリフ/ポール・ダノ/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/アントニア・リベロ/ティモシー・ユーリック/リチャード・グロス


mandown.jpg「マン・ダウン」(Hulu)
2015年アメリカ 監督/脚本:ディート・モンティエル 出演:シャイア・ラブーフ/ケイト・マーラ/ジェイ・コートニー/ゲイリー・オールドマン/クリフトン・コリンズ・Jr./トリー・キトルズ/チャーリー・ショットウェル/ホセ・パブロ・カンティージョ


parker.jpg「PARKER パーカー」(Hulu)
2013年アメリカ 監督:テイラー・ハックフォード 出演:ジェイソン・ステイサム/ジェニファー・ロペス/ニック・ノルティ/マイケル・チクリス/クリフトン・コリンズ・Jr./ウェンデル・ピアース


cyusei.jpg「偽りの忠誠 ナチスが愛した女」(Hulu)
2016年イギリス/アメリカ 監督:デヴィッド・ルヴォー 出演:リリー・ジェームズ/ジェイ・コートニー/クリストファー・プラマー/エディ・マーサン/ベン・ダニエルズ/ジャネット・マクティア


last-shoot.jpg「ラスト・ターゲット」(Hulu)
2010年アメリカ 監督:アントン・コルベイン 出演:ジョージ・クルーニー/ヴィオランテ・プラシド/テクラ・ルーテン/パオロ・ボナッチェリ/ヨハン・レイゼン/イリーナ・ビョークランド


blitz.jpg「ブリッツ」(Hulu)
2011年イギリス 監督:エリオット・レスター 出演:ジェイソン・ステイサム/パディ・コンシダイン/アイダン・ギレン/ザウエ・アシュトン/デビッド・モリッシー/ルーク・エヴァンス/ネッド・デネヒー


sinanogawa.jpg「しなの川」(Hulu)
1973年 監督/脚本:野村芳太郎 出演:由美かおる/岡田裕介/仲雅美/仲谷昇/岩崎加根子/山本豊三/浦辺粂子/進千賀子/佐々木孝丸/穂積隆信/財津一郎/加藤嘉


rivenge.jpg「華麗なるリベンジ」(Hulu)
2015年韓国 監督/脚本:イ・イルヒョン 出演:ファン・ジョンミン/カン・ドンウォン/イ・ソンミン/パク・ソンウン/キム・ウンス/ハン・ジェヨン/パク・ジョンファン/キム・ホンパ/キム・ウォネ/キム・ビョンオク


kagerou.jpg「陽炎」(Hulu)
1991年 監督:五社英雄 出演:樋口可南子/仲代達矢/本木雅弘/荻野目慶子/かたせ梨乃/川谷拓三/竹中直人/白竜/高橋長英/夏八木勲/高品格/神山繁/川地民夫/丹波哲郎/岡田英次/北村和夫/岩下志麻/緒形拳


sinya.jpg「続・深夜食堂」(Hulu)
2016年 監督:松岡錠司 出演:小林薫/不破万作/綾田俊樹/松重豊/光石研/安藤玉恵/オダギリジョー/多部未華子/余貴美子/佐藤浩市/池松壮亮/キムラ緑子/小島聖/渡辺美佐子/井川比佐志


fastman.jpg「ファースト・マン」(イオンシネマ)
2018年アメリカ 監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴスリング/クレア・フォイ/ジェイソン・クラーク/カイル・チャンドラー/コリー・ストール/キアラン・ハインズ


cinematic.jpg「人生はシネマティック!」(DVD)
2016年イギリス 監督:ロネ・シェルフィグ 出演:ジェマ・アータートン/サム・クラフリン/ビル・ナイ/ジャック・ヒューストン/ヘレン・マックロリー/ポール・リッター/レイチェル・スターリング/リチャード・E・グラント/ジェレミー・アイアンズ


an.jpg「あん」(BS朝日)
2015年 監督/脚本:河瀨直美 出演:樹木希林/永瀬正敏/市原悦子/内田伽羅/浅田美代子/水野美紀/太賀


skip.jpg「マイ・ドッグ・スキップ」(DVD)
2000年アメリカ 監督:ジェイ・ラッセル 出演:フランキー・ミューニース/ダイアン・レイン/ケヴィン・ベーコン/ルーク・ウィルソン


tuiseki.jpg「勇気ある追跡」(BSプレミアム)
1969年アメリカ 監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演:ジョン・ウェイン/グレン・キャンベル/キム・ダービー/ジェレミー・スレート/ロバート・デュヴァル/アルフレッド・ライダー/ストロザー・マーティン/ジェフ・コーリー


dragon_20190227092233312.jpg「焼肉ドラゴン」(DVD)
2018年 監督/脚本:鄭義信 出演:真木よう子/井上真央/大泉洋/桜庭ななみ/大谷亮平/ハン・ドンギュ/イム・ヒチョル/根岸季衣/イ・ジョンウン/キム・サンホ


elle.jpg「エル ELLE」(DVD)
2016年フランス/ドイツ/ベルギー 監督:ポ-ル・ヴァーホーヴェン 出演:イザベル・ユペール/ローラン・ラフィット/アンヌ・コンシニ/シャルル・ベルリング/ヴィルジニー・エフィラ/ジョナ・ブロケ


47m.jpg「海底47m」(DVD)
2016年アメリカ 監督/脚本:ヨハネス・ロバーツ 出演:クレア・ホルト/マンディ・ムーア/ヤニ・ゲルマン/クリス・J・ジョンソン/サンティアゴ・セグラ/マシュー・モディーン


truman-s.jpg「しあわせな人生の選択」(DVD)
2015年スペイン/アルゼンチン 監督/脚本:セスク・ゲイ 出演:リカルド・ダリン/ドロレス・フォンシ/エドアルド・フェルナンデス/オリオル・プラ



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「しあわせな人生の選択」

truman2.jpg

癌で余命幾ばくもない男の物語であるが、それでいて「終活」ものによく見られるような湿っぽさや大げさな哀しみといった重苦しいものはなく、非常にドライ。
いい意味での大人の物語になっている。
なので肩の力を抜いて観ることができ、会話主体の物語世界に自然と入っていくことができた。

原題は「TRUMAN(トルーマン)」。
主人公フリアンが飼っている犬の名前である。
ちなみに邦題の「しあわせな人生の選択」は、内容からするといささか軽すぎる。
これではあまり観る気にならない。
むしろ敬遠してしまう。
まことに残念な題名だ。
それはともかく、映画について。
フリアンは妻とは離婚、息子はアムステルダムの大学に入っており、今はひとり暮しをしている。
トルーマンだけが唯一の家族である。
そのトルーマンの里親探しをするのが、この映画の重要な骨子になっている。
それに付き合うことになるのが、もうひとりの主人公であるトマス。
映画の舞台になっているのはポルトガルのマドリードで、トマスもかつてはマドリードに住んでいたが、今はカナダで大学の教授になっている。
その彼がフリアンの死期が迫ったことを知って、はるか離れたマドリードまで会いに来た。
そしてわずか4日間だけの滞在だが、フリアンとの濃密な日々を過ごすことになる。
そのふたりの友情を軸にトルーマンの里親探し、そしてフリアンが関わる人たちとの触れ合いが、美しいマドリードの街並みを背景に描かれていく。
果たしてトルーマンは誰に引き取られることになるのか。
また男ふたりの別れはどんなものになるのか。
そんな興味に引き摺られながら映画は進んでいく。
そして観終わった後は、いい映画を観たという満ち足りた余韻にいつまでも浸ることになった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 愛犬

Comment (0)  Trackback (0)

新しい家族

abbey1.jpg

わが家に新しい家族がやって来た。
ジャック・ラッセル・テリアのオスで、生後2ヶ月、体重1キロ、名前はアビーである。
今日で9日目になるが、もうすっかりわが家の生活リズムに馴染み、今や欠かせない家族の一員になっている。

前の愛犬ロシェルが亡くなったのは、2016年2月22日、ちょうど3年前の今日になる。
以来、犬のいない生活が続いた。
そしてもう飼うことはないだろうと考えていた。
年齢的なことを考えても、金銭的なことを考えても、それが最後と納得せざるをえなかったからである。
ところが昨年末に家内が青森市にある「動物愛護センター」のHPで保護犬を見てすっかり気に入り、どうしても飼いたいと言い出したのである。
お互いもう飼うことはないと納得し合っていたにも関わらずである。
犬好きの家内にすれば、それは本心ではなかったようで、ネットで密かに犬情報を見るということを続けていたようなのだ。
その突然の提案に戸惑い、最初は強く反対したが、以来何回も話し合うことになり、最終的には家内の熱意を受け入れることになった。
そして「動物愛護センター」に行き、犬と対面、引き取ろうということになったが、そのためには月2回行われているセンターの講習を受けなければならないということであった。
また引き取り手が満65歳以上の場合は、後見人が必要とのことで、それは娘になってもらうことにした。
こうして次の講習を待つだけということになったが、その間にそのお気に入りの犬に新しい飼い主が現れ、引き取られることになってしまったのである。
残念だが仕方がない。
縁がなかったと諦めた。
そしてそこから本格的に次の候補探しをすることになったのである。

家内の理想としては以前と同じくラブラドールが希望の犬種であったが、自分達の現実を考えれば大型犬を飼うことはもう無理である。
小型犬に絞ることにした。
そこで候補に挙がったのが、ジャック・ラッセル・テリアであった。
この犬の存在を知ったのは、2001年に観た「マイ・ドッグ・スキップ」という映画であった。
それ以前にも「マスク」という映画でも見ていたが、その時はあまり意識することはなかった。
しかし「マイ・ドッグ・スキップ」を観たときは、その可愛さ健気さにすっかり魅せられてしまった。
そして続いて観た映画「アーティスト」では見事な演技を見せられ、さらに虜になってしまったのである。
ちなみに「アーティスト」のジャック・ラッセル・テリアの名前は「アギー」であった。
その名前をもらい、一字だけ変えて「アビー」と名づけたのである。

mydogskip.jpg


artist.jpg

ジャック・ラッセル・テリアは小型の猟犬である。
成犬でも5、6キロというスモールサイズだが、非常にパワーのある犬だ。
「スーパーカーのパワーを持った軽自動車」といった形容がされるほど。
また自立心が強く、初心者には飼いにくい犬といわれている。
だが逆にそうした面倒なところが、この犬種を気に入ったところなのである。
とくに家内は、手ごたえのある犬が好みで、以前飼っていたラブラドールもそんなところに惹かれていた。
そういうわけで小型犬となると、この犬種しかないということになったのである。
ちなみに「動物愛護センター」で見た犬も、ジャック・ラッセル・テリアの血を引いた雑種犬であった。
そうと決まれば、すぐにでも手に入れたいと、ペット・ショップで探すことにした。
費用に関しては娘たち二人が共同で負担してくれることになり、その提案にありがたく甘えることにした。
こうして新しい家族「アビー」と出会うことになったのである。

abbey2.jpg

abbey3.jpg


テーマ : 犬のいる生活  ジャンル : ペット


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2019年1月)

観た映画


haidrihhi.jpg「ハイドリヒを撃て!」(DVD)
2016年チェコ/イギリス/フランス 監督/脚本:ショーン・エリス 出演:キリアン・マーフィ/ジェイミー・ドーナン/ハリー・ロイド/シャルロット・ルボン/アンナ・ガイスレロヴァー/トビー・ジョーンズ


mittei.jpg「密偵」(DVD)
2016年韓国 監督:キム・ジウン 出演:ソン・ガンホ/コン・ユ/ハン・ジミン/鶴見辰吾/オム・テグ/シン・ソンロク/ソ・ヨンジュ/チェ・ユファ/フォスター・バーデン/パク・ヒスン/イ・ビョンホン


doucyunotenken.jpg「道中の点検」(DVD)
1986年ソ連 監督:アレクセイ・ゲルマン 出演:ローラン・ブイコフ/ウラジミール・ザマンスキー/アナトリー・ソロニーツィン/オレーグ・ボリーソフ/アンダ・ザイツェ


forrest-gump.jpg「フォレスト・ガンプ 一期一会」(BSプレミアム)
1994年アメリカ 監督:ロバート・ゼメキス 出演:トム・ハンクス/サリー・フィールド/ロビン・ライト/ゲイリー・シニーズ/ミケル・T・ウィリアムソン///////


wind-river-s.jpgウインド・リバー(DVD)
2017年アメリカ 監督/脚本:テイラー・シェルダン 出演:エリザベス・オルセン/ジェレミー・レナー/ジョン・バーンサル/ギル・バーミンガム/ケルシー・アスビル/グラハム・グリーン


get-out.jpg「ゲット・アウト」(DVD)
2017年アメリカ 監督/脚本:ジョーダン・ピール 出演:ダニエル・カルーヤ/アリソン・ウィリアムズ/ブラッドリー・ウィットフォード/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/キャサリン・キーナー/スティーヴン・ルート/レイキース・スタンフィールド


baby-driver.jpg「ベイビー・ドライバー」(DVD)
2017年アメリカ 監督/脚本:エドガー・ライト 出演:アンセル・エルゴート/リリー・ジェームズ/ケヴィン・スペイシー/ジェイミー・フォックス/ジョン・ハム/エイザ・ゴンザレス/ジョン・バーンサル


nihonjokyouden.jpg「日本女侠伝 侠客芸者」(DVD)
1969年 監督:山下耕作 出演:藤純子/高倉健/桜町弘子/若山富三郎/遠藤辰雄/金子信雄/寺島達夫/三島ゆり子/藤山寛美/田中春男/正司花江


kittoiihiga.jpg「きっと、いい日が待っている」(DVD)
2016年デンマーク 監督:イェスパ・W・ネルスン 出演:ラース・ミケルセン/ソフィー・グローベル/ハーラル・カイサー・ヘアマン/アルバト・ルズベク・リンハート


biny.jpg「ビニー 信じる男」(DVD)
2016年アメリカ 監督/脚本:ベン・ヤンガー 出演:マイルズ・テラー/アーロン・エッカート/ケイティ・セイガル/キアラン・ハインズ/テッド・レヴィン


battle-sexes.jpg「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」(DVD)
2017年アメリカ 監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス 出演:エマ・ストーン/スティーブ・カレル/サラ・シルヴァーマン/アンドレア・ライズブロー/ビル・プルマン/アラン・カミング/エリザベス・シュー


jon-book.jpg「刑事ジョン・ブック 目撃者」(BSプレミアム)
1985年アメリカ 監督:ピーター・ウェアー 出演:ハリソン・フォード/ケリー・マクギリス/ジョセフ・ソマー/ルーカス・ハース/ヤン・ルーブス/アレクサンダー・ゴドノフ/ダニー・グローヴァー/ヴィゴ・モーテンセン/ティモシー・カーハート


midorikousen.jpg「緑の光線」(BSプレミアム)
1986年フランス 監督/脚本:エリック・ロメール 出演:マリー・リヴィエール/リサ・エレディア/マリア・ルイサ・ガルシア/ ロゼット/ ベアトリス・ロマン


kitosicho.jpg「木と市長と文化会館 または七つの偶然」(BSプレミアム)
1992年フランス 監督/脚本:エリック・ロメール 出演:パスカル・グレゴリー/アリエル・ドンバール/ファブリス・ルキーニ/クレマンティーヌ・アムルー/フランソワ・マリー・バニエ/ジャン・パルヴュレスコ/フランソワーズ・エチュガレー




読んだ本


rokunomiya.jpg「六の宮の姫君」(北村薫 現代小説)



cofee-yobu-s.jpg「珈琲が呼ぶ」(エッセイ 片岡義男)


owattahito-s.jpg「終わった人」(内館牧子 現代小説)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑




Category: 日本映画

Tags: ベスト映画  

Comment (0)  Trackback (0)

2018年邦画ベスト9

1位:あゝ、荒野・前後編
18hb-1.jpg
レビューはこちら


2位:夜空はいつでも最高密度の青色だ
18hb-2.jpg
レビューはこちら


3位:0.5ミリ
18hb-3.jpg
レビューはこちら


4位:葛城事件
18hb-4.jpg
レビューはこちら


5位:彼女がその名を知らない鳥たち
18hb-5.jpg
レビューはこちら


6位:恋の渦
18hb-6.jpg
レビューはこちら


7位:家族はつらいよ
18hb-7.jpg
レビューはこちら


8位:検察側の罪人
18hb-8.jpg
レビューはこちら


9位:散歩する侵略者
18hb-9.jpg
レビューはこちら




Category: 外国映画

Tags: ベスト映画  

Comment (0)  Trackback (0)

2018年洋画ベスト10

1位:スリー・ビルボード
18yb-1.jpg
レビューはこちら


2位:しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
18yb-2.jpg
レビューはこちら


3位:パターソン
18yb-3.jpg
レビューはこちら


4位:ボヘミアン・ラプソディ
18yb-4.jpg
レビューはこちら


5位:シェイプ・オブ・ウォーター
18yb-5.jpg
レビューはこちら


6位:ヒトラーの忘れもの
18yb-6.jpg
レビューはこちら


7位:ドリーム
18yb-7.jpg
レビューはこちら


8位:フェンス
18yb-9.jpg
レビューはこちら


9位:はじまりへの旅
18yb-8.jpg
レビューはこちら


10位:幸せなひとりぼっち
18yb-10.jpg
レビューはこちら



Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ウインド・リバー」

a0212807_13361872.jpg

ミステリーの傑作、クライム・サスペンスの傑作である。
冒頭から結末まで、一時も目を離すことができない。
背景となる自然の厳しさ、そのなかで生きる置き去りにされた人々の逃れることのできない苦しみ。
それらが、強い緊張感を伴って迫ってくる。
息を詰めて見続けた。

雪深いなかでの犯罪ということで「ファーゴ」や「シンプル・プラン」といった映画を思わせるが、そこにあったブラックなユーモアはここにはない。
また異文化のなかに入り込んでの捜査という点では、「刑事ジョン・ブック」を想起させる。
そうした要素を併せ持った映画である。

題名になっている「ウインド・リバー」とは、アメリカ中西部に位置するワイオミング州の山岳地帯の地名である。
雪深い酷寒の地で、ネイティブ・アメリカンの保留地になっている。
部族独自の自治権が認められており、州の権限が及ばない地域である。
面積は鹿児島県と同じくらいあるが、そこを取り締まる警察官の数はたったの6人。
そのためすべてに手を回すことができず、なかば無法地帯と化しており、多くの犯罪が見過ごされている。
さらに保留地内で起きた犯罪には、市警や州警察は介入することができず、捜査を行えるのはFBIだけ。
そんな特殊な土地で起きた少女暴行致死事件の行方を追うというのが、この映画のストーリーである。
主人公はジェレミー・レナー演じるコリー・ランバートという男。
合衆国魚類野生生物局のハンターである。
ある日ハンティングの最中、少女の遺体を見つけたことから事件が始まる。
そこへ事件のために派遣されてきたのが、エリザベス・オルセン演じるもうひとりの主人公、FBIの女性捜査官ジェーンである。
このふたりを軸に事件の真相を探る捜査が開始される。
そしてその困難な捜査のなかで浮かび上がってくるネイティブ・アメリカンたちの逃れられない過酷な現実、生きることの困難さ、そうしたものが観る者に様々なことを問いかけてくる。
人間ドラマとしても一級品。
重く苦々しいが、同時にささやかな希望も残されている。
そしてそれに深く癒される。

「ここで生きるには運ではなく、強さと生き抜く意志があるかどうかだ」
そんなセリフとともに、忘れられない映画になった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2018年12月)

観た映画


sallsman.jpg「セールスマン」(DVD)
2016年イラン/フランス 監督/脚本:アスガー・ファルハディ 出演:シャハブ・ホセイニ/タラネ・アリシュスティ/ババク・カリミ/ファリド・サッジャディホセイニ/ミナ・サダティ/マラル・バニアダム/メーディ・クシュキ


kimihahitori.jpg「君はひとりじゃない」(DVD)
2015年ポーランド 監督/脚本:マウゴシュカ・シュモフスカ 出演:ヤヌシュ・ガヨス/ユスティナ・スワラ/マヤ・オスタシェフスカ/エヴァ・ダウコフスカ/アダム・ヴォロノヴィチ/トマシュ・ジェンテク/ヴワディスワフ・コヴァルスキ


teroru-kisetu.jpg「テロルの季節」(DVD)
1969年 監督:若松孝二 出演:吉沢健/佐原知美/江島裕子/須藤ひとみ/今泉洋/春田浩将


mother.jpg「マザー!」(DVD)
2017年 監督/脚本:ダーレン・アロノフスキー 出演:ジェニファー・ローレンス/ハビエル・バルデム/エド・ハリス/ミッシェル・ファイファー/ブライアン・グリーソン/ドーナル・グリーソン/ジョヴァン・アデポ


sami-s.jpgサーミの血(DVD)
2016年スウェーデン/ノルウェー/デンマーク 監督:アマンダ・ケンネル 出演:レーネ=セシリア・スパルロク/ミーア=エリーカ・スパルロク/マイ=ドリス・リンピ/ユリウス・フレイシャンデル/オッレ・サッリ/ハンナ・アーストロム/マーリン・クレーピン


train-mission.jpg「トレイン・ミッション」(DVD)
2018年イギリス/アメリカ 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:リーアム・ニーソン/ヴェラ・ファーミガ/パトリック・ウィルソン/サム・ニール/エリザベス・マクガヴァン/ジョナサン・バンクス/フローレンス・ピュー


gifted.jpg「gifted/ギフテッド」(DVD)
2017年アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:クリス・エヴァンス/マッケナ・グレイス/ジェニー・スレイト/リンゼイ・ダンカン/オクタヴィア・スペンサー


pariiki.jpg「15時17分、パリ行き」(DVD)
2018年アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンソニー・サドラー/アレク・スカラトス/スペンサー・ストーン/ジュディ・グリア/ジェナ・フィッシャー


a-brond.jpg「アトミック・ブロンド」(DVD)
2017年アメリカ 監督:デヴィッド・リーチ 出演:シャーリーズ・セロン/ジェームズ・マカヴォイ/エディ・マーサン/ジョン・グッドマン/トビー・ジョーンズ/ジェームズ・フォークナー/ソフィア・ブテラ/ビル・スカルスガルド/サム・ハーグレイブ/ティル・シュワイガー


long-vacation.jpg「ロング・ロング・バケーション」(DVD)
2017年イタリア 監督:パオロ・ヴィルズィ 出演:ヘレン・ミレン/ドナルド・サザーランド/クリスチャン・マッケイ/ジャネル・モロニー/ダナ・アイヴィ


hitsujinoki.jpg「羊の木」(DVD)
2018年 監督:吉田大八 出演:錦戸亮/木村文乃/北村一輝/優香/市川実日子/水澤紳吾/田中泯/松田龍平/中村有志/安藤玉恵/山口美也子/深水三章


it-follows.jpg「イット・フォローズ」(DVD)
2014年アメリカ 監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演: マイカ・モンロー/キーア・ギルクリスト/ダニエル・ゾヴァット/ジェイク・ウィアリー ヒュー/オリヴィア・ルッカルディ/リリー・セーペ


nachisuga.jpg「ナチスが最も恐れた男」(DVD)
2008年ノルウェー 監督:エスペン・サンバルグ/ヨアキム・レニング 出演:アクセル・へニー/ニコライ・クレーヴェ・ブロック/クリスチャン・ルーベック/クヌート・ジョナー


tabidati-tuduri.jpg「あなたの旅立ち、綴ります」(DVD)
2016年アメリカ 監督:マーク・ペリントン 出演:シャーリー・マクレーン/アマンダ・セイフライド/アン・ヘッシュ/トーマス・サドスキー/フィリップ・ベイカー・ホール/トム・エヴェレット・スコット/アンジュエル・リー



読んだ本

dazai-jisyo-s.jpg太宰治の辞書(北村薫 現代小説)


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019