FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (0)

干し餅

hosimochi1.jpg

知り合いから干し餅をもらった。
以前から八百屋やスーパーで売っているのを見て知っていたが、食べるのはこれが初めて。

この機会に干し餅について調べてみた。

干し餅は主に東北地方から信越地方にかけて見られる食べ物である。
作り方は、水を多目に入れたモチをつき、それに砂糖や塩で味つけをする。
これに好みでゴマやシソなどを混ぜ合わせる。
それを数日間置いて固めたものを切り分けて、藁で結んで軒下に吊るす。
この時いちど水にくぐらせて干し、いっきに凍らせることで味わいが増すそうだ。
約1ヶ月ほどで出来上がりである。

hosimochi2.jpg

食べ方は、水に浸して普通の餅と同じように食べたり、ストーブ等で焼いて食べる。
かつては田植えの休憩時の栄養補給や、子どもたちのおやつとして重宝していたという。

今でも熱烈な干し餅好きが大勢いるそうだ。
また「青森みやげ」としても人気があるという。
昔ながらの素朴な味を味わえる、北国特有の保存食である。
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報


Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (0)

干柿作り、その後

先日書いた干柿作りの続きである。
無人販売所で買った柿100個の皮むきをし、軒下に吊るしたが、それが終わると家内からもう50個追加のリクエストがあった。
娘たちにおすそ分けする分も、というわけである。
さっそく無人販売所の主人に注文して用意してもらい、また干柿作りに精を出した。
そしてようやく全部吊るし終わった。

P1080401.jpg

P1080254.jpg

1ヶ月後には食べられる。
出来上がりが楽しみである。

テーマ : 果物・フルーツ  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (1)  Trackback (0)

干柿の季節

hKG3A9ecSJmw0VD1352594430_1352594449.jpg

今年もまた干柿の季節がやってきた。
近くの無人販売所の主人に注文していた柿100個が今日届いたのである。

干柿作りは2009年の秋に始めたので、今回で4度目になる。
最初はあちこちの家の軒下に吊るしているのを見て、ちょっとした好奇心から作り始めた干柿作りだったが、今やわが家の恒例の行事のようになってしまった。
この時期になると家内や娘から「いつ作るの?」といった声がかかるようになってしまった。
そういうわけで今年も干柿作りをやることになったという次第である。

ではさっそく皮むきや紐通し作業にとりかかろうかな。

テーマ : 果物・フルーツ  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (0)

次女夫婦と食事

家内が仕事で上京、ひとりでいるのを気遣って次女夫婦が昼食に誘ってくれた。
12時に「東山」で待ち合わせ、焼肉でランチである。

4VumsBlPUOj1ISp_1350544934.jpg

「好きなものを注文していいよ」の言葉に甘えてスペシャル・ランチを注文、ライスは大盛りで。
ところが出てきたライスを見て、普通盛りでよかったかなと一瞬思ったが、いざ食べてみるとあっさりと完食してしまった。
歳のせいか、最近は食が細くなっているのを実感しているが、焼肉となるとおかしなもので食が進んでしまうようだ。
ついでに話も盛り上がった。
たまにこういう機会があると、普段はあまり話すこともない娘ともいろいろと話ができる。
いい時間を過ごすことができた。
機会があれば、またこうした時間を持ちたいものだ。
ごちそうさんでした。

テーマ : 今日のランチ!  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (0)

なすときのこのグラタン

今朝のNHK「あさイチ」で紹介されたレシピ「なすときのこのグラタン」を夕食に作ってみました。
材料(2人分)は以下の通り

・なす・・・5コ
・塩・・・小さじ3分の2
・強力粉・・・適量
・オリーブ油・・・大さじ2

・スライスチーズ(溶けるタイプ)・・・6枚
・パルメザンチーズ・・・15グラム
・バジル・・・2枚
・バター・・・少々

・しめじ、まいたけ・・・各100グラム
・しいたけ、マッシュルーム・・・各3コ
・塩・・・小さじ2分の1
・こしょう・・・少々
・トマトジュース(無塩)・・・200ミリリットル
・パルメザンチーズ(すりおろす)・・・5グラム
・にんにく・・・2かけ
・オリーブ油・・・大さじ2強

そして作り方は

なすは皮をむき、縦に5ミリから6ミリの薄切りにする。
塩(小さじ3分の2)を振り、上から重しをして15分ほど置く。
強力粉をはたく。
しめじ・まいたけは石づきを切り落とし、手でさく。しいたけ・マッシュルームは手で押しつぶしてから、さく。
にんにくは包丁の腹でおしつぶし、フライパンにオリーブ油(大さじ2強)とともに入れ、弱火で3分から4分ほど加熱し、にんにくオイルを作る。
グラタン皿にバターをぬる。

フライパンでオリーブ油(大さじ2)を熱し、強力粉をはたいたなすを入れ、中火で両面がキツネ色になるまで焼く。
にんにくオイルにきのこ・塩(小さじ2分の1)を入れ、強火で3分から3分半ほどいためる。
(2)にトマトジュース・こしょうを入れ、強火にかけてとろりとするまで1分半から2分ほど煮詰める。
(3)にパルメザンチーズ(5グラム)を入れて混ぜる。
グラタン皿に(4)・(1)・(4)・パルメザンチーズ・スライスチーズの順に2段から3段に重ね、最後にバジル・パルメザンチーズを乗せる。これを2つ作る。
温めたオーブントースターに(5)を入れ、焼き色がつくまで7分から8分ほど焼く。
※具が冷めてから焼く場合は、事前に1つあたり電子レンジ(600ワット)に3分ほどかける。
※好みでイタリアンパセリのみじん切りを散らす。

以上が「なすときのこのグラタン」のレシピです。

nLZxwv47LroPeEz_1350388483.jpg

なかなかおいしかった。
テーマ : 簡単レシピ  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (1)

父の日のプレゼント

yakiniku.jpg

今日のお昼は次女の連れ合いに誘われて焼肉を食べに行った。
彼曰く、「ちょっと遅れの父の日のプレゼント」ということでした。
(写真を撮り忘れたので、代わりに店頭の見本の写真を撮りました。)


そしてもうひとつは、先日長女の連れ合いからもらった父の日のプレゼントの日本酒。

tsurunoongaesi.jpg

ふたりの気遣いに、感謝!、感謝!です。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 小さな幸せ  ジャンル : ライフ


Category: 美味しいもの

Comment (3)  Trackback (1)

西目屋村 カフェ・ルーラル

昨日は孫のすずの面倒を見る日だったが、娘が休みをとったので昼は4人で外食をした。
行く先は、西目屋村の「カフェ・ルーラル(Cafe Rural)」である。
Ruralというのは田園の、農村地帯の、田舎らしい、といった意味で、その言葉どおりに田園地帯のなかにひっそりと佇む店である。
よく探さないと見つけるのが難しい、つい見逃してしまうといった店である。

2012-6-7-1.jpg

2012-6-7-2.jpg

2012-6-7-3.jpg

ごく普通の民家を手作り風に改装したというだけあって、木をふんだんに使った店内はゆったりと過ごせる落ち着いた雰囲気。
壁には店主のお母さんが描いたステキな油絵が掛かっており、グランドピアノが置かれている。
少人数を招いてのミニ・コンサートなども開けそう。
実際これまでにも何回か開催したことがあるのかもしれない。

2012-6-7-4.jpg

昼食にはふわふわタマゴのオムライスを注文。
半熟のタマゴと、酸味がほどよく効いたトマトソースがうまくマッチして、なかなかうまい。
食後はケーキセットでコーヒーを注文。

2012-6-7-5.jpg

ケーキは3種類から選べるので、チーズケーキにしたが、これは今まで食べたなかでいちばんというくらいおいしいチーズケーキだった。
というわけで大満足の時間を過ごした。

弘前からクルマで約30分、これからも時々来たいと思う店であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : こんなお店行きました  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (0)

毎朝食べています。

2012-2-18.jpg

毎朝食べているヨーグルト、イチゴやバナナなどのフルーツとスプーン一杯の蜂蜜を加えたヨーグルトである。
最近はこれに干したプルーンと黄粉を加えている。
とくに黄粉をかけるところがキナコ、いやミソである。
いつかテレビで健康にいいと紹介されていたのを見て半信半疑で試したところ、なかなかおいしかった。
以来黄粉は欠かせない食材になった。
黄粉は餅につけて安倍川餅として食べるくらいしか使ったことがなかったので、こうした使い方は目からウロコであった。
そういえば子供の頃によく食べたわらび餅も黄粉を使ったおやつであった。
考えてみれば、わらび餅が好物だったのも、黄粉のおいしさがあったことが大きかったかもしれないと今にして思う。

ちなみに黄粉について調べてみたところ、黄粉の原材料は大豆なのである。
これも今回始めて知ったことである。
大豆を炒って皮をむき、ひいて出来たのが黄粉である。
「黄色い」粉という名前だが、これは黄大豆を原料とした場合で、青大豆を原料にすると緑色の黄粉になる。
ちょっとややこしい。
和菓子の原料として使われることがほとんどだが、ミネラルが多く含まれていることから、プロスポーツ選手などが牛乳に溶かすなどして、よく使っているそうだ。
また最近はは黒豆から作られるきな粉が人気だそうだが、まだお目にかかったことはない。
機会があれば試してみたいと思っている。

別段健康志向というわけではないが、ヨーグルトとの相性がいいので、このやり方で長く食べ続けようと思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : あさごはん  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (0)  Trackback (0)

甘い干柿

12-11hosigaki.jpg

干柿を吊るしてからちょうど1ヶ月が過ぎたので、収穫することにした。

吊るしている時に、時々味見をしていたので出来上がり具合はすでに確認済み。

深みのある甘さにいくらでも食べられそうである。

収穫した半分近くは娘たちにお裾分けをした。

残りは冷凍庫に保存をした。

干柿のおやつがしばらくは続きそうである。

これで楽しみがひとつ増えた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 美味しかった♪  ジャンル : グルメ


Category: 美味しいもの

Comment (1)  Trackback (0)

そろそろ食べごろ

hosigaki.jpg

先月吊るした干柿がいい具合に熟してきた。

吊るしてから約1ヶ月、大きさは半分近くになり色つやもいい。

食べるのが楽しみである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 果物・フルーツ  ジャンル : グルメ


カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019