風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 行事・記念日

Comment (0)  Trackback (0)

二人目の孫が誕生

今日次女が出産をした。
昨日午後7時に陣痛が始まり、今日の午前11時半過ぎに無事男の子を出産した。
約17時間近く続いた陣痛の後の出産ということで難産ではあったが、母子ともに元気でホっとひと安心であった。
婿さんはこの間ずっと付きっ切りであった。
次女はひたすら痛みに耐え、婿さんは一睡もせずにそれをじっと見守った。
誰もが経験することとはいえ、ほんとうによく頑張った、どちらもご苦労さんと言いたい。
これで夫婦の絆がよりいっそう強まったのではなかろうか。
ふたりの結婚生活はまだ始まったばかりではあるが、こうした体験を共有することでだんだんと夫婦という形が出来上がっていくだろう。
またそうなることを親心として心の底から願っている。

出産に至るまでの様子を書いておく。
今朝早く、わが家に泊まっていた長女と孫を連れて病院に行った。
だがまだ生まれる状態には到っておらず、分娩室前の廊下で落ち着かないままに待機をしていたが、数時間はこのままの状態が続くという説明に、後は婿さんに任せていったん帰宅することにした。
そして数時間の後、昼食を終えたばかりの時に次女本人から待ちに待った電話があった。
ようやく生まれたという連絡であった。
そこで取る物も取りあえずさっそく病院に駆けつけた。
分娩室に入ると生まれたばかりの赤ん坊を胸に抱いた娘が疲労困憊の表情で横になっていた。
まさに人生の正念場で、全力を出し切ってひと仕事終えたといった脱力感と満足感の入り混じった表情であった。
体重3065グラム、出産予定日が31日だったので一日早いもののほぼ予定どおりの出産であった。
生まれる前から男の子ということは分かっていたので、名前はすでにふたりで決めていたようだが、出産までは教えないということで知らされていなかった。
そこでまず最初にそれを聞いてみた。
名前は「こたろう」、「こ」は「瑚」で「瑚太郎」であった。
なかなかいい名前である。
最近はふりがながないと読めないような凝り過ぎた名前が多いなか、そうした名前だけにはならなければいいがと願っていたが、それは杞憂であった。
「太郎」というのは「一姫二太郎」といったように男の子、とくに長男に多くつけられる名である。
それを使った「瑚太郎」は伝統的でオーソドックスな名前ということになるわけで、なかなか気に入った。
後は元気で逞しく、すくすくと育ってくれることを願うだけである。
長い一日であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 暮らし・生活  ジャンル : ライフ

Newer Entry謹賀新年 Older Entry雪の降る街
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017