風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: アート

Comment (0)  Trackback (0)

京都駅

帰省して3日目の午後、短かった滞在を終えて四国を後にした。
出発前テレビで山陽新幹線が事故のために遅れているというニュースが流れたので、念のために予定より早く出発をした。
しかし新幹線は自由席だったこともあり、岡山駅では待つこともなくスムーズに乗車することができた。
新大阪には遅れもなく到着した。
そのため寝台特急の出発時間までは、まだ2時間以上の時間があった。
そこで京都まで足を伸ばして時間を過ごすことにした。
何年か前今回と同じように四国帰省の際、JR京都駅ビルを訪れたことがあり、その斬新なデザインと巨大さに驚いたことがあったが、そのビルをこの機会にまたもう一度見てみようと思ったからだ。

kyoto-1.jpg

kyoto-2.jpg

kyoto-3.jpg

kyoto-4.jpg

京都駅ビルは平安遷都1200年の記念事業のひとつとして計画されたもので、地上16階、地下3階 (高さ60m)、敷地面積38,000m²、延床面積は238,000m²という巨大な建造物である。
1997年に竣工された。
なかでも高さ50mという中央コンコースの吹き抜けは見ごたえがある。
さらにそこから屋上まで延びる171段の大階段と合わせて、京都駅ビルの最大の特徴となっている。
この階段は市民や観光客の憩いの場として利用されており、階段のあちこちには大勢の人たちが腰を下ろして時間を過ごしている。

kyoto-5.jpg

屋上まで登ると目の前に京都タワーが聳えている。
これらの建造物は京都の新しい顔ともいえるものだが、しかし古都京都の景観を壊すものだとの批判の声も多くある。
しかしこうして何度も足を運びたくなる魅力あふれるエリアであるのも確かなことで、なかなか難しい問題ではある。

訪れたのは今回で2度目だったが、迷路のように入り組んだ駅ビル内を散策しているとあっという間に時間が過ぎてしまった。
まだまだ歩き足りない気持ちを残しながら、帰りの寝台特急に乗り込んだ。

昨日今日の弟のブログを読むと、弟はちょうど数日前に京都を訪れたそうだ。
そして京都駅で待ち合わせをしたが、場所を間違えるという失敗をしたそうだ。
なるほどこれほど巨大な駅ビルだと、それも宣(むべ)なるかな、である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 建物探訪  ジャンル : 学問・文化・芸術

Newer Entry映画「十三人の刺客」 Older Entry映画「アブラクサスの祭」
Comments






カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017