風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 落語

Comment (0)  Trackback (0)

古今亭志ん朝「鰻の幇間(たいこ)」

今日は土用丑の日である。
だが、気温が上がらず、この時期にしては珍しく肌寒い。
(陽の当たる場所に行けば、さすがに少し汗ばむが、木陰に入ると涼しさを通り越して急に肌寒くなる。)
暑ければ、夏バテ対策に鰻でも食べようかという気にもなるが、こう肌寒いとそんな気も起こらない。
ちなみに昨日の最高気温は24.9、最低気温もかなり低くて16.8しかなかった。
今日もほとんどこれと変わらないようだ。

ところで土用丑の日に鰻を食べるというのは、江戸時代に売り上げ不振に悩んだ知人の鰻屋から、鰻をもっと売るための相談を受けた蘭学者の平賀源内が、「丑の日に『う』の字のつく物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いた張り紙を店先に貼って宣伝することを思いついた。
これが功を奏して、鰻の売れ行きが上がり繁盛をした、というのが起源だと云われているが、この話からも分かるように鰻は古くから庶民のスタミナ源であり、また極上のごちそうでもあった。
そんな庶民に愛された鰻だが、落語にもしばしば登場してくる。
「後生(ごしょう)鰻」「素人鰻」「うなぎ屋」といったところ。
なかでもよく知られた演目に「鰻の幇間(たいこ)」がある。
そこで土用丑の日にちなんで、今日は古今亭志ん朝の「鰻の幇間(たいこ)」を紹介することにした。
幇間が路上で金持ちそうな旦那をみつけ、昼飯をごちそうになろうと「よいしょ」をするが、逆にまんまとたかられてしまうという噺である。
これを聴いているうちに鰻を食べたくなった。








ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 落語・演芸  ジャンル : お笑い

Newer Entry革秀寺のハスの花 Older Entry強風の中でテニス
Comments






カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017