風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 時代劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「最後の忠臣蔵」

最後の忠臣蔵

原作は池宮彰一郎の小説。
「四十七人の刺客」の後日談として書かれた物語で、発表当時の題名は「四十七人目の浪士」、後に改題されて「最後の忠臣蔵」となった。
脚本が田中陽造、撮影が長沼六男、美術が西岡善信という日本映画界を代表するスタッフたちが肩を並べている。
田中陽造は鈴木清順の「殺しの烙印」でデビュー、日活ロマンポルノを経た後、鈴木清順の「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」や、相米慎二監督の多くの作品を手がけたシナリオライターである。
長沼六男は山田洋次監督の数多くの作品を撮ったことで知られるカメラマン。
そして西岡善信は、さまざまな有名監督、巨匠たちの作品で映画美術を手がけた映画美術界の重鎮である。
こうしたスタッフたちの力を結集しただけあって、素晴らしい映像美が随所に見られる。
また主なロケーション先となった京都の美しさが背景として巧みに生かされていることも、大きな見どころである。
さらには、原作にはない人形浄瑠璃が映画の重要なモチーフとして取り入れられていることも見逃せない。
そのことによって、この物語の悲劇性を暗示させる効果を上げている。
さらに香川県琴平町の「金丸座」を、人形浄瑠璃「曽根崎心中」が上演される「竹本座」に見立てて撮影されていることも注目すべき点である。
「金丸座」は過去にも篠田正浩監督の「写楽」でも使われたことがある。
1835年に建てられた、現存する日本最古の芝居小屋である。
毎年6月になると「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が催され、全国から大勢の歌舞伎ファンが訪れることでも知られている。
それがこの物語の重要なキーポイントとなる舞台として使われており、この時代を再現するための大きな要素となっている。

物語は討ち入り前日に逃亡した瀬尾孫左衛門(役所広司)、そして浪士の遺族たちを援助するためと、討ち入りの真相を後世に伝えるという役目を命ぜられた四十七人目の浪士、寺坂吉右衛門(佐藤浩市)、ともに生き残ったふたりの浪士が16年の後に偶然再会、そこから瀬尾孫左衛門の命を懸けた使命が徐々に明らかにされていく。
討ち入りの華々しさとはまた違った、一途で苦渋に満ちた武士の生き様が描かれる。
ともに軽輩で親友同士の侍を演じる役所広司と佐藤浩市の顔合わせが、この映画の大きな魅力のひとつである。
火花を散らすようなふたりの風格漂う演技合戦から目が放せなかった。
また笈田ヨシが茶屋四郎次郎役で出演していることも、うれしい発見だった。
彼は文学座、劇団四季を経て1968年にロンドンでピーター・ブルック演出の舞台「テンペスト」に出演、以後はパリを拠点に、さまざまな国の舞台で活躍している俳優である。
1999年の映画「あつもの」で緒方拳と共演、強烈な存在感を見せ付けた。
そしてこの演技で「毎日映画コンクール」の助演男優賞を受賞している。
それ以来の日本映画出演になる。

監督の杉田成道は「北の国」シリーズの演出で知られたフジテレビのディレクターである。
これが映画監督としては3本目の作品である。

格調高く見ごたえのある映画ではあったが、傑作と呼ぶにはもうひとつ何かが足りない。
それが何か、まだよく整理できてはいないが、ただひとつ言えることは、いかに主人の命令とはいえ、遺児を育て上げることが果たして命を懸けるに足る使命なのかどうか、こうした設定にはいささか疑問が残ってしまう。そこにもっと強い説得力が伴っていれば、このうえない傑作となったにちがいない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry雨上がりのアジサイ Older Entry蓮見圭一「心の壁、愛の歌」
Comments






カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017