風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

蓮見圭一「心の壁、愛の歌」

kokoronokabe.jpg

蓮見圭一の短編集「心の壁、愛の歌」を読んだ。
表題作のほか、「夜光虫」「テレーゼ」「結構な人生」「アーノンクールのネクタイ」「ハッピー・クリスマス・ヨーコ」の6篇が収められている。
十年前に別れた彼女と再会し、客のあまり入らないバーで静かに過去を語り合う「心の壁、愛の歌」。
戦時中、潜水艦に乗って敵と戦った祖父が、そこで体験した極限状況を孫に語って聞かせる「夜光虫」。
長崎で被爆したある女性の人生を小説に書いて欲しいと依頼された小説家の話「テレーゼ」。
向かいのマンションに住む脳外科医とその妻に食事に招待され、そこで聞いたある患者の話を綴った「結構な人生」。
小説の取材のために会った男とのささやかな出来事を描いた「アーノンクールのネクタイ」。
そして妻との出会いをわが子に語って聞かせる「ハッピー・クリスマス・ヨーコ」。
戦争を題材にした「夜光虫」と「テレーゼ」以外は、どれもごくありふれた日常をスケッチしたさりげない話ばかりで、とくにドラマチックな展開があるわけでもないが、なぜか心に残る。
こういう話を飽きずに読ませるのは、それなりの筆力が必要である。
蓮見圭一という小説家には、そうした筆力が備わっているということだ。
とくに戦争を題材にした「夜光虫」と「テレーゼ」は、短編ではなく長編で読んでみたいと思わせる内容だった。
調べてみると、「八月十五日の夜会」という戦争を題材にした長編小説も書いている。
また2001年に出版されたデビュー作「水曜の朝、午前三時」はベストセラーにもなっている。
「心の壁、愛の歌」を読んで、蓮見圭一という作家のほかの作品も読んでみたくなったので、これらの小説もいずれ読んでみようと思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 短編小説  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry映画「最後の忠臣蔵」 Older Entry梅雨入り
Comments






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017