風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 心に残る言葉

Comment (1)  Trackback (0)

各国からの励ましと賞賛の声

今回の大地震に対する各国の応援や励ましの声、さらには賞賛の声、そうしたものが続々と寄せられている。
そんななかから見つけたものを紹介することにした。

まずは励ましの声から。



力づけられる言葉の数々。
これらの言葉は、間違いなく被災者たちに届くだろう。
そして間違いなく勇気づけることだろう。

次に日本人を賞賛するニュースを紹介する。
これはMSNのサイトから拾ったものであるが、記事を全文そのまま掲載することにした。


< 中国、日本人の冷静さを絶賛 「マナー世界一」の声も

地震多発国で東日本大震災への関心が高い中国では12日、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいる。
短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」では、ビルの中で足止めされた通勤客が階段で、通行の妨げにならないよう両脇に座り、中央に通路を確保している写真が11日夜、投稿された。

「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」との説明が付いた。

この「つぶやき」は7万回以上も転載。「中国は50年後でも実現できない」「とても感動的」「われわれも学ぶべきだ」との反響の声があふれた。
大震災を1面で報じた12日付の中国紙、環球時報も「日本人の冷静さに世界が感心」との見出しで報じた。>


< 怒号もけんかもない 「強い国」と越メディア

「怒鳴り合いもけんかもない」「本当に強い国だけがこうした対応ができる」。
ベトナムのメディアは、東日本大震災での日本人の冷静な対応ぶりを、在日ベトナム人らが驚き称賛する声を伝えた。

「防災訓練を受けていても怖いはずなのに、誰もパニックに陥る人はいない。自分の仕事に集中し、連絡を取り合っていた」。
日本で働くある女性はインターネット新聞に「われわれが学ぶべき多くのことが分かった」と語った。

ある留学生は、長い列をつくってバスや公衆電話を我慢強く待つ光景などを挙げ「皆が冷静に秩序だって行動していた」と称賛。
別の留学生は、教師が子どもたちを誘導する姿など、行政当局者から民間人までの素早い対応ぶりに驚いたという。

さらに「こうした強さゆえに、日本人は世界で最も厳しい条件の国土で生き抜き、米国に並ぶ経済レベルを達成できたのだ」とたたえる声も伝えられた。>


< 「日本には人間の連帯が今も存在している」 タス通信東京支局長

ロシアの独立系紙ノーバヤ・ガゼータ(電子版)は13日までに、東日本大震災の甚大な被害にもかかわらず日本人が社会的秩序を失わず、互いに助け合う姿を「日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする『人間の連帯』が今も存在している」と称賛するゴロブニン・タス通信東京支局長の記事を掲載した。

ゴロブニン支局長は、震災を「第2次大戦直後の困難にも匹敵する」大災害だとしつつ、「重要なのは、ほかの国ならこうした状況下で簡単に起こり得る混乱や暴力、略奪などの報道がいまだに一件もないことだ」と指摘。

震災当日の11日、公共交通が止まってサラリーマンが帰宅の足を奪われた東京でも「人々は互いに助け合っていた。レストランや商店はペットボトル入りの飲料水を無料で提供し、トイレを開放した」と驚きをもって伝えた。>


< 「被害の中でも規律保つ」インド紙が称賛の声紹介

天井や壁が完全に崩れ落ちるような災害の中でも、すべての規律が保たれていた-。
インド紙ビジネスラインは13日付で、日本への出張中に被災したインド人技術者が日本人の冷静な対応を称賛する声を紹介した。

インドの部品メーカーの技術者らは栃木県内にあるホンダの研究開発施設を訪問中に被災。
「素晴らしい緊急時の態勢ができていた。すべてが精密時計のような動きだった」。
揺れが収まると社員らは集合場所に素早くそろい、あらかじめ決められた各自の役割をきびきびとこなしたという。

施設から市内に出ても大きな混乱はなかったといい、「冷静さが保たれており、通信状況も含めてすべてが秩序だって行われていた」と評価した。>


以上、ネットから拾った日本を賞賛するニュースであった。
日ごろ特別なものとも思っていない行動が、こうした形で取り上げられ、そして賞賛されることで、あらためてそのことのすごさを、気づかせてくれた。
そうなのだ。
われわれはこうした日本人の美徳をもっと誇っていいのである。
嫌な事件や、国際的な批判を受けるたびに、どこかで萎縮し、誇りや自信を失いかけていたのが、最近の日本人の傾向だったように思う。
しかしこうした評価に遭遇することで、そこに何かこれから先の光のようなものが、ごくわずかかもしれないが、射してくるのを感じたのである。
そしてそうしたものを糧に、きっと日本は立ち直っていくことができるのだと、強く確信したのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 地震  ジャンル : 地域情報

Newer Entry計画停電とガソリン不足 Older EntryTwitterで投稿された心に残るつぶやき
Comments


こうして世界から称賛されるのはうれしいことだね。
みんないろんな形で被災地へ協力しているし
これからもみんなで頑張りたいよね。






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017