風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: アート

Comment (0)  Trackback (0)

歩く眼差し~津軽の写真家・小島一郎~

NHK「日曜美術館」で放送された「歩く眼差し~津軽の写真家・小島一郎~」を観た。
先日娘がブログで予告紹介しているのを読んで、観たいと思っていた番組であった。

写真家・小島一郎は大正13(1924)年、青森市生まれ、高校を卒業後、出征、戦地で死線を彷徨うほどの過酷な戦争体験をした後、九死に一生をえて復員、戦後写真を始める。
そして戦争の傷を癒すかのように、津軽を中心とした雪国で力強く生きる人々の姿を精力的に撮り続け、39歳という若さで亡くなった。

番組ではその作品と生涯を追うことで、小島一郎の生き様と作品世界の魅力に迫ろうとするものであった。
白と黒の強烈なコントラストによって構成された作品からは、北国の過酷な自然の中で生きる人々の逞しさ、力強さが伝わってくる。
出演していた弘前出身のルポライター鎌田慧は、そこに津軽の精神風土を見ることができるとコメントしていたが、まさに津軽そのものがそこには表現されている。

kojima.jpg

彼を評して「写真界のミレー」と呼んだそうだが、写真によって切り取られた荒々しい空を見ていると、むしろ「写真界のブラマンク」と呼んだほうが似つかわしいのではないかと思った。
津軽にこだわった小島だったが、作品の評価が高まるにつれて東京での活躍を夢見るようになる。
そして上京を決意するが、東京での日々は彼の意に沿ったものではなく、ただ挫折を味わうだけで終わってしまう。
その象徴として写真界の巨匠、木村伊兵衛による酷評を例に挙げている。
結局彼の中央での活躍はならず、新境地を求めて北海道を旅するものの、過酷な撮影で体調を崩し、不幸にも急逝してしまう。

残された3000点以上にのぼる作品は現在県立美術館に保存されており、現在も「冬のコレクション展」として写真展が開催されている。
この機会にぜひ県立美術館に足を運んで、強烈な磁場をもった彼の作品を、じっくりと観賞したいと思っている。

最後に青森が生んだ、ピューリッツァー賞受賞の写真家、沢田教一は、小島が営む写真店に就職、そこで写真技術を習得するとともに小島から多大な影響を受けたということもつけ加えておきたいと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : NHK教育  ジャンル : テレビ・ラジオ

Newer Entry吉田修一「悪人」 Older Entry佐伯泰英「流離 吉原裏同心」
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017