風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 百田尚樹  

Comment (0)  Trackback (0)

百田尚樹「永遠の0」

eiennozero.jpg

先日買った百田尚樹の「永遠の0」を読み終わった。
圧倒的な面白さと、深い内容に何度も泣かされた。
2日前に読み終わった家内も、読みながら何度も涙を流していた。
それをバトンタッチして読み始めたが、ぐいぐいと物語世界に引き込まれ、目を離すことができなくなってしまった。
そして昨晩は寝るのも忘れて読み続け、12時過ぎにようやく読み終えた。

これはゼロ戦の操縦士の物語である。
そして戦争末期に特攻隊員として出撃、そのまま帰らぬ人となった兵士の物語である。
その孫が、戦後60年目を迎えた今、残り少なくなった戦友たちを訪ね歩き、その実像を探し求めようとする。
そのなかで次第に明らかにされていく事実が、ミステリーの手法によって戦慄的に描かれていく。
何重にも覆われた薄いベールが一枚一枚と剥がされていくにしたがって、ぼやけていた人物像に徐々に焦点が結ばれていく展開には、思わずゾクゾクとした快感をおぼえた。
そしてしだいに明らかにされていく主人公、宮部久蔵の人間としての魅力にぐいぐいと惹きつけられていった。
同時に人間の愚かさや戦争責任といった重い問題を、深く考えさせられることにもなった。

主人公、宮部久蔵はまずは「臆病者」というレッテルを貼られた男として、われわれの前に登場してくる。
それは誰もが死を覚悟し、死を恐れずに戦おうとする戦場において、ただ「生き残る」ことだけに執着する男であったからだ。
戦いの場では彼は行過ぎとも思えるほどの細心の警戒をし、いざ戦闘が始まると無理な深追いはけっしてせず、常に自分の身を守ることを考えて行動するという男であった。
そうした態度は隊の笑いものであり、唾棄すべきものと見られていた。
しかし彼はけっして能力の劣った兵士というわけではなく、むしろパイロットとしては一流の腕をもった兵士であり、それは隊の誰もが認めるところであった。
だからこそ、「生き残る」ことに執着する彼の態度がよりいっそう訝しく思われ、複雑な感情を抱いてしまうのであった。
しかし新たな証言者たちの話が重なっていくにしたがって、彼がけっして「臆病者」でも卑怯者でもなかったという事実が、しだいに浮かび上がってくる。
そして「生き残る」ことに執着し続けた男が終戦を目前にして、なぜ特攻隊員として出撃しなければならなかったのかということも同時に明かされていく。
つぎつぎと訪れる劇的な展開に、心を鷲掴みにされていく。

宮部久蔵は軍隊という組織の中では、まさに異物のような存在であった。
こうした人物がいること自体、戦場では許されざることであった。
しかしそうした異物をあえて投入することによって、戦争の実態を焙り出そうとするのが、作者の意図するところではなかろうか。
同時にそれは、けっして弱音を吐かずに死んでいった若き特攻隊員たち、また戦場で無残に死んでいった兵士たちの、声なき声を代弁させようとする試みでもあったのだろう。
そしてそれは見事に成功している。

戦場で生き残ろうとすることがどういうことなのか、それにはどれほどの覚悟や技量が必要だったのか、そうしたことも空中戦の実態が詳細に語られていくなかで次第に明かされていく。
それは知力、体力の限りを尽くしても、なお達成不可能なほど絶望的な試みであった。
そしてそれをやり遂げようとするかなで味わう宮部久蔵の深い孤独と絶望に触れたとき、思わず涙を流してしまうのであった。

実は私の父親も応召され、飛行機の整備兵として南洋諸島で戦争を体験している。
その島がどこの島で、どういった体験をしたのかということは、詳しく聞いたことはなかったが、ひょっとするとこの物語のなかに登場してくる島々のいずれかにいたかもしれないのである。
父が亡くなってしまった今では、それを確かめる術はもうないが、この小説を読みすすんでいくうちに、そうした話をもっと聞いておけばよかったという気持ちにさせられた。
ひょっとすると、そんな話題にはあまり触れられたくなかったのかもしれないが、それでも敢えて聞いておきたかった。
そんなことを思いながら読んだせいか、身につまされることがたくさんあり、よりいっそう身近な物語として迫ってきたのである。
おそらくわれわれ世代の多くは、この物語を読むことで、そうした若き日の父親や母親の姿を重ねてしまうのではなかろうか。
そして連綿と繋がっていく人間の営みに、あらためて限りない愛着を感じることになるにちがいない。

作者、百田尚樹は書いている。

私にとって小説とは、読者に「生きる勇気」「生きる喜び」を与えるものでなければならないと思っています。社会のおぞましさや人間の醜さなどを描いただけの小説は否定します。百年前ならいざしらず、現代では、そんなものはネットや新聞のニュースに溢れかえっているからです。わざわざフィクションの世界で、社会や人間のおぞましさを再現する理由を、私は思い付きません。
 優れた小説やドラマは、この社会で頑張って生きている人たちに、「勇気と希望」をもたらし、時に「慰め」を与え、明日への活力となるものである、というのが私の信念です。私の小説が読者の皆さんに「生きる勇気」を与えることができたら、これほど嬉しいことはありません。


と。
これはそんな小説なのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読書感想  ジャンル : 小説・文学

Newer Entryショップ「CASAICO」 Older Entry吉行和子「ひとり語り」
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017