風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

弘前洋館めぐり・その2

昨日に続いて、弘前洋館めぐりの続きである。
今回の最初の紹介は、「青森銀行記念館」である。
aogin-kinen2.jpg aogin-naibu.jpg
この洋館は第五十九銀行本店として明治37(1904)年に建てられた、ルネッサンス様式の木造二階建ての建物である。
設計、施工は弘前の名工、堀江佐吉である。
彼は現存する洋館の多くに何らかの形で関わっている、弘前の洋館にとっては切っても切り離せない人物である。
堀江佐吉についてここで簡単に説明しておく。

津軽藩の御用大工だった祖父、父のもと、弘化2年に生まれた堀江佐吉は、1879年(明治12年)開拓使関係の工事に従事するために、函館を訪れた。
そこで文明開化の洗礼を浴び、西洋文化に刺激を受けた佐吉は、洋風建築を学ぶことになる。
そして帰郷後、弘前を中心とした津軽の地に、数多くの洋風建築を建てることになるのである。
よく知られた太宰の生家「斜陽館」も、彼の手によるものである。
また弟子や息子たちも彼に倣って、数々の優れた洋風建築を建設しており、そうしたことからも弘前の洋風建築を語る際には、外すことの出来ない存在なのである。

さて次に紹介するのは、同じく堀江佐吉の設計、施工による「旧弘前図書館」である。
kyu-tosyokan.jpg
明治39年に竣工した、ルネッサンス様式の建物で、両脇に聳える八角形のドーム型双塔がひときわ目をひく建物である。
現在は弘前公園前にある追手門広場に移築され、市立郷土文学館の施設として保存、一般公開されている。
gijuku-gaijin.jpg
同じく追手門広場の「旧弘前図書館」の裏手に保存、一般公開されている「旧東奥義塾外人教師館」である。
1903年(明治36年)、弘前市立東奥義塾(現:東奥義塾高等学校)が招いた英語教師の宿舎として建設されたものである。
正確な設計、施工者の記録が残されていないので確かなことは不明だが、これも堀江佐吉が建てたとの説がある。

今回は堀江佐吉が関わった洋館を中心に紹介したが、続きはまた次回に。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 青森県情報 おもしろ情報  ジャンル : 地域情報

Newer Entry寒い朝 Older Entry弘前洋館めぐり・3つの教会
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017