FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Comment (0)  Trackback (0)

玄侑宗久「中陰の花」

chuinnohana.jpg
玄侑宗久、1956年生まれの臨済宗の僧侶で作家。
2001年「中陰の花」で第125回芥川賞を受賞。
その「中陰の花」を読んだ。
主人公は作者本人を思わせる禅宗の僧侶とその妻。
ふたりの間に子供はいないが、妻には妊娠した子供を流産したという過去がある。
妻はそのことを今でも引きずって生きている。
このふたりに自らの臨終の日を予言する拝み屋の老婆と、新興宗教に帰依する石屋のおじさんとの交流がからんで、人間の「死」や「魂」についての対話や考察がなされていく。
静かな展開のなかに、「死」とは、「成仏」とは?といったことを考えさせられる小説であった。
年齢とともにそうしたことを考える機会も多くなり、自然と関心も高まっていくものである。
そいった意味では、興味をそそられるテーマにはちがいないが、あまりに淡々としていて起伏に乏しく、もうひとつ物足りなさを感じてしまった。
「中陰」とは、あの世とこの世の中間のこと。
生と死、陰と陽の狭間に居る状態を指す言葉である。
ラストに用意された幻想的な「中陰の花」のシーンが、色鮮やかな映像として浮かんできた。

表題作のほかに収録されている「朝顔の音」は、生きることの「業」のようなものを強く感じさせられる佳作であった。
小品ではあるが、どちらかと言えばこちらのほうが好みであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌

Newer EntryImagine Older Entry行楽日和に誘われて
Comments






カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019