風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

七人のネコとトロンボーン

tanikei.jpg
先月11日、谷啓が亡くなった。
享年78歳。
彼は俳優、コメディアン、トロンボーン奏者として、その特異なキャラクターで楽しませてくれた、今で言うところのマルチタレントだった。
またクレージーキャッツのメンバーとしては、植木等の陽に対して、陰とも言うべき存在で、ときに植木等を食うほどの存在感を見せていた。
そんな彼の活躍を思い出しながら、読んでみようと彼の自叙伝「七人のネコとトロンボーン」を図書館から借りてきた。
この本は1994年から95年にかけて「週間読売」に連載されたものをまとめたもので、彼の生い立ちに始まり、音楽との出会い、そしてプロのミュージシャンになって「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」を経て、1956年にハナ肇率いるキューバン・キャッツ(後のクレージーキャッツ)に加入、その後の活躍までが、さまざまなエピソードを交えながら書かれている。
周知のこともあったが、「なるほどこういうこともあったのか」といった新しい発見もあって楽しく読み終えた。
img1097_file.jpg
彼についての記憶では、やはり「シャボン玉ホリデー」の頃の印象がいちばん強烈だ。
バラエティー番組「シャボン玉ホリデー」は1961年6月に始まったが、番組開始当初から夢中になって観たものである。
おそらく同世代の大半がそうであったと思うが、日曜日の夕方になると、テレビの前で毎回番組が始まるのを今か今かと待ちわびた。
そして番組が始まり「シャボン玉、ラララララララー」という主題歌が流れると、もう心うきうきとなって画面を食い入るように見つめていた。
これほど愉快で楽しく、また夢中になった番組というものは、これ以前にも、また以後にもない。
植木等の「お呼びでない」や谷啓の「谷だぁ-」や「ガチョーン」を、子供たちはみんな真似をして連発したものである。
なつかしい思い出である。

また俳優として印象に残っているのは、山田洋次監督の「喜劇・一発大必勝」である。
1969年の松竹作品で、脚本が森崎東と山田洋次。
「男はつらいよ」が作られたのが同じ年のことなので、その直前の作品ということになる。
主演がハナ肇と谷啓、ヒロインが倍賞千恵子。
コメディーだが、かなりアナーキーな作品で、おそらくそれは森崎東テイストなのだろうと思う。
ハナ肇演じるのは、ボルネオ帰りの乱暴者。
その男が貧乏長屋に住み着いて、わが物顔の乱暴狼藉を働く。
いっぽう谷啓演ずるのは、役場の保健局に勤める気の弱い男、左門泰照。
長屋の住人である彼は、ひょんなことからハナ肇演じる乱暴者の恰好の標的になってしまう。
気の弱い左門と気の荒い乱暴者とのスラップスティックな攻防が、倍賞千恵子への恋の鞘当と平行しながら描かれていくうちに、次第にふたりの間に奇妙な友情が生まれていく。
左門は一度死ぬが、その死を悲しんだハナ肇がヤケクソで左門の死体を抱えてダンスを踊るうちに、死んだはずの彼が突然息を吹き返すといったシーンや、左門が憧れの倍賞千恵子に愛を告白しようとした瞬間、目の前の草むらに隠れていた肥溜めに落ちてしまうといったシーンが強烈で、今でも目に焼きついている。
そんな山田喜劇の快作のなかで、はつらつと演技する谷啓とハナ肇のありし日の姿が目に浮かんでくる。
そのふたりももういない。
さらに植木等も。
そう思うとひとつの時代が去ってしまったという感慨をおぼえてしまう。

懐かしい彼らの映像として、谷啓とユーミンのデュエット曲「STILL CRAZY for YOU」を掲載しておこうと思う。
これは2006年にクレイジーキャッツ結成50周年を記念して発売された、ユーミン作詞作曲の曲である。
今は亡いメンバーたち(ハナ肇、安田伸、石橋エータロー)の古い音源を使用することで、彼らもともに共演を果たした映像を楽しんでほしい。





ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entry行楽日和に誘われて Older Entryあたご温泉
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017