FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「欲望という名の電車」

先週のFM放送「Panasonic Melodious Library」で、テネシー・ウイリアムズの「ガラスの動物園」が取り上げられた。
小川洋子の解説は、さすが作家だけのことはあると思わせる鋭い内容で、ぜひ読んでみたいという気持ちにさせられた。
いっしょに聴いていた妻もそうだったようで、さっそくこの作品を読もうと、図書館から借りてきた。
妻は大学時代にテネシー・ウイリアムズの作品を原書で読んだり、また文学座の舞台で「欲望という名の電車」を観たりといったふうに、テネシー・ウイリアムズには少なからぬ関心をもっていた。
そうした記憶がこの番組で蘇ったようだ。
そこで妻から先に読むことにしたが、その面白さに一気に読み終えてしまった。
さらにその勢いで、今度は映画化された作品も観てみたいということになり、レンタルショップで探してみたが、残念ながら見つけることはできなかった。
代わりに見つけたのが「欲望という名の電車」であった。
yokuboh.jpg
さっそく観てみたが、いやあー、すごい映画だった。
壮絶な人間ドラマ、悲劇ではあるが、見方を変えればある意味、喜劇でもあるかもしれないというドラマ。
どんどんとドラマの世界に引き込まれていき、人間の弱さ、残酷さ、愚かさがむき出しにされていくプロセスには身震いしてしまった。
主役のブランチを演じるのは、ヴィヴィアン・リー、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞しているが、その受賞が頷ける迫真の演技であった。
あの世紀の美女ヴィヴィアン・リーが、その若さと美貌を失い、醜く堕ちていく悲劇の女性を渾身の演技で演じているが、これが彼女自身の映画人生最後の輝きでもあったのだ。
そしてその後の人生を考えるとき、その悲劇性に実人生が重なって見えてくる。
さらにブランチの妹ステラをキム・ハンター、その夫スタンレーをマーロン・ブランド、彼の友人ミッチをカール・マルデンが演じている。
キム・ハンターとカール・マルデンはこの演技で、ともにアカデミー助演賞を受賞、マーロン・ブランドは主演男優賞にノミネートされたが、惜しくも受賞は逃している。
彼はこの映画が事実上のデビュー作になるが、その存在感たるや、まさに他を圧倒するものがある。
この映画での彼の登場は、おそらく当時の映画界にあっては、センセーショナルな事件のようなものだったのではなかろうか。
そう思わせるほど荒々しい魅力に満ち溢れている。
いずれにしても4人の火花の散るような演技合戦は見応えじゅうぶん。
それだけでもこの映画を観る価値があるというものだ。
ちなみにヴィヴィアン・リーはロンドンの舞台公演でブランチ役を演じ、他の3人はブロードウェイで同じ役を演じている。
まさに適役ぞろいというわけである。
監督は、舞台でもこのドラマを演出したことのある名匠エリア・カザン。
彼はアクターズ・スタジオの創立メンバーのひとりで、1947年にはこの「欲望という名の電車」の舞台の演出をして大成功を収めている。
その実績に基づいた会心の映画化であった。

映画の冒頭に出てくる「欲望(Desire)」という名前のついた路面電車は、実際に当時のニューオーリンズを走っていたそうである。
ニューオーリンズには「欲望通り」や「極楽通り」といった風変わりな名前の通りがあり、そこをこの電車は走っていた。
この作品の執筆当時、テネシー・ウイリアムズはその「極楽通り」に住んでいたことから、この電車の名前を戯曲のタイトルとして使ったということである。
あまりにも内容とピッタリのタイトルなので、おそらくこれはテネシー・ウイリアムズの創作なのだろうと思っていたが、実在の名前だったとは。
ちょっとビックリである。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : この映画がすごい!!  ジャンル : 映画

Newer Entry今日から朝テニスの始まり Older Entry天気がいいので河原まで散歩
Comments






カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019