FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  時代小説  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「露の玉垣」

tsuyunotamagaki.jpg
越後新発田藩の家老、溝口半兵衛が家臣の系譜と閲歴を、個人的に書き残した『世臣譜』という古書を基に書かれた連作短編集である。
すべてが史実に基づいて書かれたものである。
それだけに劇的な盛り上がりというものはないものの、度々の水害や火災によって貧窮する藩財政の中で、何とか打開を図ろうとする藩士やその家族の姿からは、事実がもつ重みが伝わってくる。
ある者は命がけで立ち向かい、ある者は押し潰されて、といったぐあいに過酷で厳しい生活が何代にも渉って続いていく。
第1話の天明8年(1786)から始まって、第2話で寛文8年(1668)へと遡り、第3話で宝永3年(1706)へと返り、その後は次第に第1話の時間へと辿っていくという全8話からなる展開となっている。
そうした過酷な歴史の中で、耐え忍びながら藩を支え続けてきた無名の男や女たちの声なき声が聞こえてくるようだ。
地味ながらも読後に、心地よい残像が残り、しみじみとした感動が味わえる小説であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 歴史小説  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry車谷長吉「雲雀の巣を捜した日」 Older Entry凍結した道
Comments






カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019