FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  時代小説  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「蔓の端々(つるのはしばし)」

tsurunohasibasi.jpg
乙川優三郎のこの小説は、藩内のお家騒動と、それに巻き込まれた下級武士の悲哀や人間的成長を描いている点で、藤沢周平の「蝉しぐれ」との共通性を感じながら読んだ。
だが、読みすすむうちに「蝉しぐれ」とは違った味わいに、次第に物語世界へと引き込まれていった。

主人公は剣術で身を立てようと武芸に励む下級武士、瓜生禎蔵。
いずれは隣家の幼馴染、八重を妻にと考えていたが、ある日八重は親友の礼助と共に姿を消してしまう。
その失踪の裏に家老暗殺というお家騒動の影が次第に浮かんでくる。
そして藩の政権交代にからんで剣術師範として取り立てられた禎蔵も、否応なく政争の渦に巻き込まれていくことになる。

「蔓の端々」という題名は、藩政をめぐる争いのなかで、無残に使い捨てられていく無名の人間たちのことを指している。
歴史の裏にはそうした人間たちの悲哀が隠されているのが常である。
だがそれは悲哀だけで終わるばかりではない。
懸命に生きることで人間的な成長を遂げ、揺るぎない生き方を見つけることもある。
主人公の瓜生禎蔵もそうした人間のひとりである。
悩み、苦しみながらも、過酷な運命のなかで自らの生きる道を見出していく。

「しかしそう悪いことばかりではないぞ、人間は締めつけられるほど強くなるらしい、中には潰れてしまうものもいるが、いつまた葛のように強い芽を出さぬとも限らぬ、世の中にはそういう人間がひしめき合っている」
こうしたセリフに作者の思いが込められているように思う。

切なさのなかに明日への力を感じさせる乙川節は、この小説でも十分に味わうことができた。
さて次はどの作品を読もうかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 小説  ジャンル : 小説・文学

Newer EntryミスターJのマイフェイバリットシネマ Older Entry大荒れの天気
Comments






カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019