FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  時代小説  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「かずら野」

kazurano.jpg
久しぶりで時代小説を読みたくなって図書館から借りてきたのが、乙川優三郎の「かずら野」という小説。
夕方から読み始めたが、おもしろさについ寝るのも忘れて読み続け、深夜に読了、感動を引きずりながら眠りに就いた。

あらすじは貧しい足軽の娘、菊子が大店に奉公に出されるが、実はそれが主人の妾となることだと知って絶望、死を覚悟するが、そこへ主人の息子、富治が現れて父親を殺害、居合わせた菊子を連れて出奔する。
以後身を隠しながらの流浪の生活が始まる、というもの。
芯が強く、地道に生きようとする菊子と、現実を直視せずに愚行を繰り返す富治のかみ合わない10数年の逃避行が歯がゆくもあるが、絶望のなかで菊子が何度も立ち上がろうとする姿には魅せられた。
貧しい足軽の娘菊子と裕福な商家で育った富治の溝はどこまで行っても遠く、けっして埋められることはない。
行く先々で、その土地に根づこうと努める菊子だが、それが実を結びそうになると、富治の浅はかな行動によっていつも壊されてしまう。
悲運はどこまで行ってもふたりについてまわる。
だがどんな目にあおうとも菊子は富治と別れようとはしない。
そのあたりの揺れ動く心理の綾には説得力がある。
苛立ちながらもつい納得してしまう。
また富治の弱さから来る焦りやあがきも、けっして理解できないわけではない。
そして流浪の果てに辿り着いた終の場所、銚子の漁場で迎える思いがけない結末には、感動で涙を誘われてしまった。
菊子とともに耐え忍んできた苛立ちが、ここへ来ていっきに解放されて、カタルシスを味わえる。
作者の綿密な計算に、心地よく嵌ってしまったということだ。
そして悲しいはずの結末ではあるが、悲しみだけではない清々しさも同時に感じた。
おそらくそれは菊子のどんな境遇に立たされても、けっして音を挙げない潔さを感じるがゆえのことだと思う。
久々に時代小説で涙を流した。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry今が旬 Older Entry車谷長吉「鹽壺の匙」
Comments






カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019