FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「誰も守ってくれない」

daremo_20090926082740.jpg
15歳の女子高生(志田未来)の兄が、猟奇殺人事件を起こして逮捕される。
そこから家族の世界は一変する。
そうした状況のなか、自殺防止と押し寄せるマスコミから女子高生を守るべく、ひとりの刑事(佐藤浩市)が任務を与えられ、ふたりの逃避行が始まる。
ふたりをマスコミが闇雲に追い続ける。
さらにネット社会がそれに拍車をかけるように、執拗に襲い掛かってくる。

重い映画である。
実際に家族のひとりが殺人犯として逮捕されると、どういった事態が起きるかが、リアルに描かれる。
いささか誇張されたような部分もあるものの(ドラマの明暗をより鮮明に表現するためには、ある程度の誇張はテクニックとして必要だろう。)、そのリアルさには戦慄を覚える。
これが15歳の女子高生の身の上に起き、予測しようもないほどの荒波にもまれるわけである。
とてもひとりで対処し切れる状況ではない。
それを刑事がどうやって守り通すか、それがこの映画の柱になっている。
そこでよりドラマ性を深めるために、この刑事の設定にひとつの工夫を加えている。
すなわち、今回の事件と似た猟奇殺人事件で、追い詰めた犯人を、ある事情から逮捕するのが遅れてしまい、そのために通りすがりの少年が目の前で殺されるという過去をもっている。
それがトラウマとなっている。
また妻や娘との関係がぎくしゃくとしており、家族崩壊の兆しがある。
そんな背景をもってくることで、女子高生との関係が単に担当の刑事と加害者の妹という形式的なものだけに終わらず、それを越える要素となっている。
うまい設定である。
さらに行き場のなくなったふたりが行き着く先が・・・・・。
そこから先の展開も、この映画の重要な見せ場になっている。
加害者の家族、被害者の家族、その双方に背負いきれない重いものを残してしまう犯罪というものの、不条理さ、やりきれなさに愕然とさせれられる。
けっして人ごとではない、いつ身近で起きても不思議ではないことなのだと思う。
そんな不安定な現代社会に、われわれは身を置いていることをあらためて考えさせられた。
そして犯罪に巻き込まれた家族は、一生消えないその傷を抱えて生きていかなければならない。
この映画の女子高生も、やはりそうした道を歩んでいかなければならないのだろう。
それは映画「手紙」で描かれたような苦難の人生へと繋がっていくことだろう。
それを思うと、心が痛む。
だが「誰かを守るってことは、その人の痛みを感じることだ。人の痛みを感じるのは辛いことだが、それが生きるってことだ」
佐藤浩市演じる刑事が加害者の妹に語りかけるこの言葉に、わずかな希望の兆しを感じた。
そしてそれを糧に、この少女は強く生きていくに違いない。
そんな余韻を残して映画は終わる。

とにかく重苦しい内容ながらも、冒頭からラストまで緊迫した展開で、一瞬も目が離せない。
エンターテインメントとしても一級品の映画であった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entryヴィレッジバンガード Older Entry秋桜(コスモス)
Comments






カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019