FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Trackback (0)

映画「007 慰めの報酬」

bond-nagusame.jpg
娘から映画「007 慰めの報酬」の招待券をもらったので、観に行った。
シリーズ第22作目、ダニエル・クレイグのボンド役では前作「カジノ・ロワイヤル」に続いて2作目になる。
ちなみに歴代のボンド役は初代がショーン・コネリー、2代目がジョージ・レーゼンビー、続いてロジャー・ムーア、 ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、そして現在のダニエル・クレイグになる。
ボンド役は初代ショーン・コネリーの渋いイメージが強いので、それに続く俳優たちはどうもイマイチ、イメージに合わなく思っていたが、今回のダニエル・クレイグは骨っぽく、タフなイメージで、久しぶりに現れた適役だと思う。
ただ映画のほうは、激しいアクション・シーンがあまりにも目まぐるしく、しかもストーリーの細部がわかりにくく、どうもイマイチな状態のままで終わってしまった。
007映画といえばやはりショーン・コネリーのシリーズが頭に残っているせいか、どうしてもそこから離れることができないようだ。
それほど初期の007映画の印象は強烈だった。
james-bond.jpg
とくに第2作目の「007 ロシアより愛をこめて」(日本初公開時の邦題は「007 危機一発」)はシリーズ中でも最高傑作だと今でも思っている。
第1作の「007は殺しの番号」を観たときは、殺しのライセンスをもったスパイの活躍という、今までにない斬新な内容に、強烈なインパクトを受けた。
そしてその内容をさらにグレードアップさせたのがこの作品で、シリーズはこれで大ブレイク、以後この映画を真似たスパイものが乱立するきっかけになり、いわゆるスパイブームが巻き起こったのである。
この映画では、ヘリコプターと地上のボンドとの銃撃戦、湖上のボートでの追撃戦といったアクションも印象に残っているが、なかでもオリエント急行でのショーン・コネリーとロバート・ショーの壮絶なアクションは、この映画最大の見せ場であり、その凄さに手に汗握って見たことを今でもはっきりと憶えている。
robert-s.jpg
ロバート・ショーという凄みのあるキャラクターが相手であったことが、この迫力を生んだ最大の要因であったと思う。
007シリーズのなかでも彼は屈指の殺し屋役であった。
daniella.jpg
また歴代のボンドガールのなかでも1、2を争う美女であるダニエラ・ビアンキの魅力もこの映画に大きく華を添えている。
ミス・ユニバースで準ミスに選ばれたのも頷ける美しさであった。
またこの映画から登場したスパイ用の秘密兵器も映画の大きな魅力のひとつ。
アタッシュケースに隠されたナイフ、催涙ガス入りパウダー缶、ライフル銃などが、つぎつぎと襲ってくる危機に際して大活躍する。
以来、こうした小道具がシリーズでの呼び物のひとつになっている。
このように以後の作品の原型がこの第二作で出来上がったのである。

「007 慰めの報酬」を観たことから、思い出すままに書いてみたが、書いているうちにまたもういちどこの作品「007 ロシアより愛をこめて」を観てみたいという気になってきたのである。


にほんブログ村 映画ブログへ 
 ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry五木寛之「生きる言葉」から Older Entryいい天気なので雪片づけ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019