FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: 西部劇  クリント・イーストウッド  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「荒野の用心棒」

koya.jpg

1964年にイタリアで制作されたマカロニ・ウェスタン、監督はセルジオ・レオーネ、そして音楽はエンニオ・モリコーネ。

黒澤明の「用心棒」をベースに作られたイタリア版西部劇だが、黒澤明の許可を得ないままの映画化だったため、公開後盗作問題になる。
結局和解して問題は解決されるが、社会問題として大きく取り上げられたことから話題を呼び、異例のヒットとなる。
しかしそうした話題性だけでなく、本家のアメリカ版西部劇とは違った面白さが多くのファンを獲得、以後続々とイタリア版西部劇が作られることになった。
そしてその一大ブームとなったイタリア版西部劇を名づけて、マカロニ・ウェスタン(名づけ親は映画評論家の淀川長治)と呼ぶようになった。

この時イーストウッドが演じた「名無しの男」のキャラクターは、後に彼が演じることになるダーティーハリーを始めとした男たちのキャラクターに繋がっている。
すなわちガンさばきがうまく、皮肉屋で、苦虫を噛み潰したような表情をしたアウトロー。
外見はクールだが内には燃えるような熱いものを秘めた男。
その原型が、この「名無しの男」である。

そしてこの映画最大の見どころは、ラストの対決。
静まり返った町の外れで突然ダイナマイトが爆発、高く舞い上がった煙のなかから現れるイーストウッド。
そこに流れるエンニオ・モリコーネの口笛の曲。
息をのむような緊張感に満たされるなか、イーストウッドがたったひとりで5人の男に立ち向かってゆく。
しかもライフル対拳銃という不利な対決。
しかしそれをあっと驚く方法で逆転してしまう。
その爽快さ、意外性に拍手喝采である。

イーストウッドの出世作。
すべてはここから始まった。


スポンサーサイト




Newer Entry映画「許されざる者」 Older Entry映画「ダーティハリー4」
Comments






カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2020