FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 落語

Tags: 古今亭志ん朝  

古今亭志ん朝「火焔太鼓」

sincho

テレビBS-iの「落語研究会」という番組で、古今亭志ん朝の「火焔太鼓」が放送された。
この番組は毎月第三土曜日の深夜にTBSで放送されたものの再放送である。
偶然チャンネルを回して知った番組で、ラッキーなことに古今亭志ん朝の「火焔太鼓」を見ることができた。
「火焔太鼓」は父親であり師匠でもある五代目古今亭志ん生が得意とした演目で、それに志ん朝流の工夫を加えて演じた、貴重な一席である。
解説によれば、昭和48(1973)年、志ん朝35歳のとき(志ん生が亡くなった年)の収録とのことだ。
若さあふれるスピード感と切れのよさに魅了される。
以前はそのスピード感が時に忙しく聞こえて負担に感じたこともあったが、今聞くとやはり魅力にあふれた話しぶりだ。
彼の実兄である10代目金原亭馬生(初代古今亭志ん朝)のゆったりとした噺のほうが私には好みだったのだが、あらためて聞くと馬生にはない華やかさ、スター性を感じる。
品のよさ、自然とにじみ出る色気は天性のものであろう。
こうやって見ていると63歳という若さで亡くなったことがほんとうに惜しまれてならない。
(ちなみに馬生も54歳という若死にである。)
かつて立川談志がその著「現代落語論」で、「いずれ、オレは小さんに、円楽は円生に、志ん朝は志ん生になるべき」と書いたが、いづれも実現することはなかった。
が、もし実現していれば今の落語界はどうなっていただろうと、ふとそんなことを考えた。

にほんブログ村 テレビブログへ 
スポンサーサイト



テーマ : 落語  ジャンル : お笑い

Newer Entry城山三郎「無所属の時間で生きる」のなかの言葉 Older Entry美空ひばりと小林旭
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019