FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「孤島の王」

kotounoou.jpg

「孤島」とは、ノルウェーのオスロ・フィヨルドにあるバストイ島のこと。
犯罪を犯した少年たちを収容して矯正するための施設があり、1915年に少年たちによる反乱事件が起きた。
その事実を基に映画化された物語である。

主人公は新入り収容者としてこの島に送り込まれたエーリングという少年。
彼に施設内での規則を教え込むように命じられたのが、同室のリーダーであるオーラヴ。
このふたりを中心に施設での生活が描かれていく。
当然自由はなく、過酷な労働に従事させられるという毎日。
エーリングは収容後すぐに脱走を企てるが失敗。
それによって生半な抵抗など簡単に拒絶してしまう「孤島」の厳しさが示される。
そんな希望のない生活のなか、寮長による性的虐待に耐えられなくなった同室の少年の自殺事件が起きる。
それが引き金となって少年たちの反乱が起きる。

脱獄ものと青春ものとふたつの側面を持った物語が、北欧の厳しい自然の中で描かれているのを見ているうちに、以前観た「サーミの血」を思い出した。
「サーミの血」は脱獄ものではないが、自由を求めて生まれ故郷から逃げ出すという意味では、共通するものを感じるからだ。
ただし「孤島の王」の厳しさは、「サーミの血」の比ではない。
少年用施設とはいえ、これまで数々の脱獄もので繰り返し描かれてきた過酷さに負けず劣らずの厳しい生活である。
それを社会経験の少ない感受性豊かな少年たちが強制されるわけで、そうしたことを考えると大人以上の悲惨さといえるかもしれない。
自由を希求する気持ちは、さらなる強さを秘めているに違いない。
そうした背景を含みながら物語は進行していき、ついにそれが暴発する。
まさに北欧少年版「カッコーの巣の上で」である。
そして最後に悲劇と希望の両方を残して幕を閉じるところも、「カッコーの巣の上で」と同様である。
自由と抑圧の激しいせめぎ合いに、深い余韻が残った。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト




Older Entry今月観た映画と読んだ本(2019年8月)
Comments






カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019