FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「この地上において私たちを満足させるもの」

konotijou.jpg

乙川優三郎の自伝的小説。
主人公は、乙川優三郎の分身のような小説家、高橋光洋である。
年齢71歳、千葉県御宿に住む作家である。
その主人公について次のように書いている。

<彼は本名を高橋光洋(みつひろ)といい、七十一歳になる今も小説を書いているが、体力をなくしてからは短篇しか書かなくなっていた。それも二、三十枚のもので、短篇集に編んでも手にしてくれる読者は少ない。本という形を見ることはひとつの喜びだが、今さら他にできることもないので書いているに過ぎない。後世になにか残したいと思うほど欲張りでもないし、名声などどうでもよい人間であったから書くものも我儘であった。長く書いていながら、まだ傑作と呼べるものはなく、これから書けるとも思えないが、挑み続けるしかないのも作家の業であった。老いても生きる目的があるのは幸せなことだと思う。戦時でもないのに死なないことを目的に生きる人がまわりに増えて、健康のために骨身を削りながら精神を病んでゆく。猫のように泰然として逝きたいと考える彼は、そのときがくるまで生き甲斐の足しに書くだけであった。>

乙川優三郎自身の姿を彷彿とさせる人物である。
そして今の彼のもうひとつの生き甲斐は、フィリッピン人女性ソニアとのかけがえのない日々である。
ソニアは光洋が若き日に漂泊したフィリッピンで知り合い深く交流のあった、今は亡きラブリィーの娘サラが、ひとり暮しの光洋を気遣って、家政婦として日本に送った娘で、ラブリィーの兄ドディの孫娘であった。
家庭的な愛情に恵まれなかった光洋は、利発なソニアを気に入り、いずれ彼女を養女として迎えたいと考えている。
そんな穏やかな老後を送る光洋が、過去を振り返り、自身のこれまでの軌跡を辿るなかで移りゆく心境を書き連ねていくというのが、この小説である。
貧しい少年時代、家族離散のように生家を離れて住み込んだ鉄鋼所での生活、フィリピン、フランス、スペインでの放浪の日々、そして小説家となった後の編集者との交わりや小説との格闘、そうしたものが、連作短編の形で書き進められてゆく。
様々な人たちと触れ合い、影響を受け、学んでゆく。
そして歓びや悲しみや苦しみが通り過ぎてゆく。
著者の原点ともいえるそうした時間が、研ぎ澄まされた文章で書かれ、読み応え十分。
そして次のような心境へと至る。

<自分の小説はどうかと振り返り、彼は苦笑した。そのすべてが情熱と努力の産物で、才能などこれっぽちもないからであった。だから苦しみ、体も壊しもしたが、嫌になり投げ出すことはしなかった。書くことが自浄でもあった。運のよいことにそれで暮らしてこられたし、運の悪いことには平凡な喜びを失った。しかも、これでよいという作品がまだない。生活のために才能を封じた兄との最大の違いは、冒険の人生を愉しんだことであろう。そうしなければ充たされない人間だったこともあるが、生きることも書くことも冒険であった。敗北から希望が生まれることもあって、彼は無謀な試みを繰り返した。しかしそれもこれも煎じつめればちっぽけな自分のためにしてきたことであるから、消えるときは一羽の蝶の軽さでよかった。言い換えるなら、この美しい地上に生きた証を残すことなどまっぴらであった。>

こういう気持ちはよく分かる。
同じ老後を生きる身としては、共感度が高い。
そしてこのまるで遺言のようにも思える文章を読みながら、乙川優三郎ファンとしては、この先もまだまだ書き続けてほしいと切に願うのである。
ちなみにこの小説には、姉妹編として「25年後の読書」というのがあるそうだ。
そちらも合わせて読みたいと思っている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本の紹介  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entry藤岡陽子「海とジイ」 Older Entry今日で1ヶ月
Comments






カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019