FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ノー・エスケープ 自由への国境」

no-escape.jpg

メキシコ国境を舞台にしたマンハント映画。
トランプ大統領の国境の壁問題で注目されることの多いメキシコ国境だが、映画はそうした動向に合わせて作られたというわけではなく、それ以前に構想、製作されたもの。
ちなみにメキシコ国境を舞台にした密輸、密入国ものとしては、「トラフィック」や「ボーダー・ライン」などが思い浮かぶ。

ストーリーはごくシンプル。
密入国するメキシコ人たちを、ハンターが獲物を狙うようにライフルで次々と殺戮していくというもの。
その設定から連想されるのは、ごくささいなことがきっかけで、生死を賭けた執拗な追跡劇が始まるというスピルバーグの「激突!」。
いずれも追いつ追われつだけに絞り込んで、手を変え品を変えた展開で見せる。
そのシンプルさは、まさに映画ならでは。
またいずれも追う側が、正体不明というところも似通っている。
ちなみにこの映画のハンターは、猟犬を従えているが、それは人狩り用に訓練された犬で、いったん命令を下すと、逃げるメキシコ人たちを猛然と追いかけて攻撃する。
まさに殺人犬である。
その獰猛さと能力の高さは、この追跡劇の恐怖を一段と盛り上げている。
先日観た「しあわせな人生の選択」での犬の穏やかさとは、真逆の存在だ。

監督・脚本はホナス・キュアロン。
「ゼロ・グラビティ」の監督アルフォンソ・キュアロンの息子である。
「ゼロ・グラビティ」ではシナリオの共作者として名を連ねていたが、監督としてはこれが2作目。
「激突!」には及ばないものの、父親譲りの手堅い演出には見るべきものがある。
今後が楽しみな監督だ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト



テーマ : 映画感想  ジャンル : 映画

Newer Entry映画「幼な子われらに生まれ」 Older Entry今月観た映画と読んだ本(2019年2月)
Comments






カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019