FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

紅葉見物、そして映画鑑賞

八甲田山、十和田湖をドライブした。
毎年この時期に必ず行う恒例の紅葉見物である。
まず黒石から滝ノ沢へと向かう。
滝ノ沢の展望台に着くと、いつものように十和田湖を眺め、さらに十和田湖畔へと降りた。
そこでクルマを停めて持参の弁当を食べ、湖畔を散策、ゆったりとした時間を過ごした。

18aki1.jpg

18aki2.jpg

食後は再び滝ノ沢展望台へと戻り、そこから御鼻部山展望台を通って奥入瀬バイバスを抜けて蔦温泉まで。
昨年は蔦温泉で蔦七沼を散策したが、今回は時間の都合でスルー、笠松峠から地獄沼、酸ヶ湯を通って城ヶ倉大橋まで。

18aki4.jpg

途中猿倉温泉あたりで雨になり、笠松峠では深い霧に覆われた。
視界がきかないので、スピードを落としての運転となるが、こういう経験もなかなか貴重。
地獄沼で停車、小雨が降るなか、霧の景色を楽しんだ。

18aki5.jpg

18aki6.jpg

さらに城ヶ倉大橋でも霧の城ヶ倉を見物、後は「ル・グレ」で軽食をとることにして山を降りてゆく。
ところが「ル・グレ」に着いてみると、残念ながら休業であった。
紅葉シーズンなので、休みなしで営業しているのではと期待をしていたのだが、仕方がない。
そこで急遽上映中の映画「散り椿」を観に行くことにした。
上映開始は4時15分、1時間以上時間がある。
十分間に合う。
一路弘前へ。

chiritubaki.jpg

「散り椿」は葉室麟原作の映画化作品。
岡田准一主演の時代劇である。
監督・撮影は木村大作。
黒澤明のもとで撮影助手として修行した経験を持つ木村大作の映画の手本は、当然のことながら黒澤明。
撮影方法も黒澤流のマルチカメラでの撮影である。
脚本を書いたのはこちらも黒澤明の助監督だった小泉堯史。
緊迫感ある画面は見応えがあるが、いまひとつ盛り上がりに欠ける。
淡々と終わってしまったという印象が強い。
それでも久しぶりに時代劇を味わったので、それだけでじゅうぶん満足であった。

スポンサーサイト

Newer Entry映画「幸せなひとりぼっち」 Older Entry映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」と「ブルーに生まれついて」
Comments






カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2018