FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 行事・記念日

Comment (0)  Trackback (0)

運動会

18undoukai.jpg

先日の日曜日、孫の運動会に行った。
当初の日程では前日の土曜日だったが、雨で順延になったのである。
そのためグランドには所々に雨水が残り、乾き切っていない状態のままであった。
今年入学した孫にとって、これが小学校初の運動会。
悪いコンディションではあったが、元気いっぱいの運動会であった。

muhoumatu1.jpg

久しぶりの運動会見物だったが、それで思い出すのが、映画「無法松の一生」である。
映画の中盤、陸軍大尉・吉岡の遺児・敏雄少年の運動会で、松五郎が徒競走に飛び入りで参加、車夫としての健脚を生かして優勝するという場面。
松五郎の懸命に走る姿を見ているうちに、敏雄少年が次第にその姿に惹きつけられ、気がつくと大声で夢中になって応援をしている。
常日頃、敏雄少年のひ弱な性格を心配していた吉岡夫人だったが、その姿を見て、「これをきっかけに敏雄のなかで何か新しいものが生まれてきそうな気がします。」と松五郎に礼を言う。
この映画の見せ場のひとつであり、これを契機に松五郎と吉岡母子の絆がぐっと高まるという重要な場面である。
「無法松の一生」は何度も映画化されているが、なかでもいいのは坂東妻三郎版の無法松と三船敏郎版の無法松である。
どちらも監督は稲垣浩である。

muhoumatu2.jpg

そしてもうひとつ思い出すのが、映画「江分利満氏の優雅な生活」。
山口瞳の直木賞受賞小説の映画化作品である。
当初、川島雄三が監督することになっていたが、川島の急死によって急遽岡本喜八にバトンタッチされた。
そして岡本監督はこの映画を戦中派のボヤキを前面に押し出したものとして作り直したのである。
(シナリオは井手俊郎)

everyman.jpg

映画の終盤で、小林桂樹演じる江分利満氏の初めて書いた小説が、直木賞を受賞する。
その受賞祝いの会が社内の仲間たちが集まって開かれるが、その席上、若い社員から「好きなものは何ですか」という質問を受ける。
それに対して江分利満氏は「公園と運動会と赤ん坊とラインダンス」と答える。
そしてどうして好きなのかという理由を長々と語る。
少し長いがそのなかの「運動会」の部分をシナリオから書き写してみる。
次のようなもの。
「どこがいいかというと、運動会ならすべてがいいんですが、とにかく一生懸命なのがいいな。体操の先生なんか、白いズボンをはいてはりきっちゃってるからね。女の先生もふだんよりちょいと濃い目の化粧で、そうはいっても先生だから化粧が下手で、口紅なんかはみ出しちゃって、頬紅なんかもつけ過ぎちゃって女金時みたいになってるところが実にどうもチャーミングだ。そこへもってきて鉢巻しちゃって声も上ずってるから、なんとも凄艶とでもいうより仕方がない。校長だっていろいろ気を使うからね。青年団に借りたテントの中にいても怪我人が出ないように、PTA会長にジュースが出ているかどうか、ずいぶん心配してるんだ。父兄席。これが泣かせるね。金持ちの学校もいいし、貧乏人の学校もいい。金持ちの学校ではミンクのコート着たのが絶叫してるからね。どうかして我が子を一等にしたい、つつがなく上級の学校にやりたい、先生にもこの機会にご挨拶申しあげたい、どうしてうちの子のパンツはあんなに汚いんだろう、体操服で寒くないかしら・・・・。貧乏人の学校は、コンクリートの上にゴザ敷いちゃってね、重箱持ったお婆ちゃんや、菜っ葉服にドテラで末の子を負った父ちゃんや、パーマかけた母ちゃんが震えながら応援してるなんざ、涙だね。とに角夢中だ。勿論、生徒たちは上気している。ひそかにサロメチールを用意して脚に塗っている抜け目のない子がいる。これで足が軽くなると信じているわけだ。小遣い銭に不自由している子は医務室に忍び入ってヨーチンを塗ってくるからいかにも勇ましい。速そうに見える。もっと貧しい子はグリコだ。一粒300メートルだから3粒も食べれば必勝疑いなしと信じているから健気なもんじゃないの・・・・」
さらに「その次に運動会のいいところは」と、講釈はまだまだ続いていく。
そしてバー、自宅へと場所を移すうちに、酒に酔った江分利満氏の講釈やボヤキはますます調子に乗り、気がつくと朝を迎えている。
嫌々つきあわされた若い社員たちは、ほとほと疲れ果ててしまう。
この映画の白眉である。
そんな場面を思い出すのである。

ついでに書くと、弘前に来て驚いたことのひとつに運動会のことがある。
どういうことかというと、津軽の運動会はまさにハレの日、お祭りなのである。
この日は家族のみならず親戚など一族郎党が集まって運動会を参観する。
見物席では多くの家族がシートや椅子に座って子供たちを応援する。
なかにはテントやタープ持参の家族もいる。
そして昼休みになると、この日のために特別に用意したご馳走を広げての昼食が始まる。
花見と変わらぬ宴会である。
さすがに現在では酒が入ることは少なくなっているが、昔はかなり盛大な宴会が繰り広げられたようである。
「無法松の一生」の場面を見ると、そんな当時の運動会の様子がよく分かる。
住民あげての地域の一大イベントだったわけで、これは何も津軽に限った話ではなく、全国至る所で繰り広げられた光景のようだ。
しかし私の育った地域ではそうした習慣がなかったので、こちらに来た当初は大きなカルチャーギャップを感じたものであった。

さらにもうひとつ感じたギャップがある。
それは運動会で生徒たちが足袋を履いたという話である。
地下足袋のようなものから普通の足袋のようなものまで、学校によって多少の違いはあったようだが、生徒全員が使用したそうだ。
明治大正といった大昔の話ではない。
昭和40年代ころまで続いていた話である。
同年代の人たちに聞いてみると、履た憶えがあるということだ。
調べてみると「運動足袋」とか「スポーツ足袋」と呼ばれており、昭和60年ころまで生産されていたようだ。
またこれも津軽に限らず全国の様々な所で使用されていたそうで、これは驚きである。
やはり地域による文化の違いは大きい。

undoutabi.jpg

というわけで運動会に関連していろいろと思い出すままに書いてみたが、まとまりがなく、とりとめのないものになってしまった。
ブログに載せようかどうしようかと迷ったが、孫の小学校初の運動会の記念ということでそのまま残しておくことにした。

今日も津軽のあちらこちらで運動会が開かれるようだ。
つい先ほども運動会開催を知らせる花火の音が遠くから聞こえてきた。
今日もいい天気になりそうだ。
絶好の運動会日和である。

スポンサーサイト
テーマ : 青森県弘前市  ジャンル : 地域情報

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2018年5月) Older Entry映画「弁護人」
Comments






カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2018