風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 山田洋次  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「家族はつらいよ」

kazokuhatsuraiyo.jpg

山田洋次監督の映画を観るのは久しぶりである。
2014年に観た「小さいおうち」以来なので、4年ぶりということになる。
調べてみると、「小さいおうち」以後は、「母と暮らせば」(2015年)と「家族はつらいよ」(2016年)が撮られている。
ちなみに「家族はつらいよ」はその後シリーズ化されて、2017年に「家族はつらいよ2」、本年2018年に「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」と続く。
こうやって並べてみると、1年ごとに新作を撮っているわけだ。
80歳を超えてなおこのペースで映画を撮り続けているというのは、ほんとうに驚きである。
過去には100歳を超えてなお現役といったマノエル・ド・オリヴェイラや新藤兼人もいたが、これは例外中の例外。
またハリウッドでは86歳のクリント・イーストウッドや、81歳のウディ・アレンといった例もあるが、それでもやはり稀なこと。
いかに高齢化社会といえども、映画を撮るのはかなりのハードワーク。
気力体力知力が充実していなければ、とても覚束ないもの。
長年の蓄積とたゆまぬ努力といった使い古された言葉しか浮かばないが、それでもやはりその通りである。
そのことには素直に頭が下がる。
但しそのことと映画の出来不出来はまた別物。
作り続けることだけでも、もちろん価値はあるのだろうが、それ以上に内容が問われるのは当然のこと。
「年寄りの冷や水」的なことにならなければとの危惧が多少頭を掠めたが、それはまったくの杞憂であった。
(名匠に対してこの表現は畏れ多いとは思うが、敢えて)

最近の山田作品を見てみると、ほとんどがシリアスな作品ばかりが続き、本来の持ち味であるコメディはほとんど見られなかった。
そう意味では原点帰り、久しぶりのコメディである。
現代版落語の世界である。
山田監督にとっては、自家薬籠中のもの。
肩の力の抜け具合が心地いい。
しかしだからといってけっして軽く撮っているわけではない。
軽いものが軽く作られるわけではないというのは自明の理。
ひょっとすると最近のシリアスな作品以上に熱を込めて作ったのではなかろうか。
そんなことを想像してしまう。
いずれにしても楽しい映画である。
いたるところに遊び心があり思わずニヤリとしてしまう。
熱を入れながらも楽しんでいる。
そんな様子が伝わってくる。
円熟した職人技。
老いたるといえども、まだまだしなやかさを失っていない。
そう思うと続く「家族はつらいよ2」、「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」も観たいという気持ちになってくる。
どんな映画になっているか、期待すること大である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry映画「弁護人」 Older Entry映画「プライベート・ライアン」
Comments






カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2018