FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

眠れぬ夜

時々夜中に目が醒める。
いや正確に言うと、ほぼ毎日のように目が醒めている。
醒めてもまたすぐに眠ってしまうこともあるが、なかなか眠れない時もある。
そんな時は、本を読むかラジオを聴くことにしている。
そのため枕元には何冊かの本とラジオを、いつも用意して置いてある。

ここ数日は決まったように4時前後になると目が醒めた。
この時間はちょうどNHKのラジオ深夜便でトーク番組が始まる時間である。
好きな番組なので、この時間であれば本を読むのではなく、ラジオを聴くことにしている。
おもむろにラジオのスイッチを入れる。
アナウンサーとゲストの会話が流れてくる。
落ち着いたトークが耳に心地よく響く。
静かに耳を傾ける。

22日は五木ひろしがゲストで、今年の正月に放送した番組の再放送。
【芸の道 輝きつづけて新春スペシャル】という題がつけられたもので、2回に分けた後半部分のインタビューであった。
長年に渡る歌手生活における知られざるエピソードが語られた。

24日は脚本家の福田靖。
「明日へのことばトーク」というシリーズのひとつで、「ラジオ深夜便のつどい」という公開放送での録音である。
福田靖はテレビドラマ「HERO」や「海猿」「龍馬伝」などで知られる脚本家である。
大学を中途退学した後、演劇の世界に足を踏み入れた彼が、どうやって人気脚本家となっていったかが、詳しく語られた。

25日は江夏豊がゲスト。
「勝負に生きた男」と題して現役時代の名勝負についてのトークが繰り広げられた。
久しぶりにメディアに登場した江夏氏が語った野球談話からは、現役時代と変わらぬ野球への熱い情熱が伝わってきた。

そして26日のゲストは、なかにし礼。
これは【謎解き うたことば】というシリーズのひとつで、日本語学者の金田一秀穂がインタビューアーであった。
「恋のハレルヤ」、「人形の家」を採り上げ、それらの歌が少年時代の戦争体験から生まれたのだという知られざる裏話が話される。
これは以前テレビで放送された番組の中で明かされたエピソードと同じものであったが、こういう話は繰り返し何回聴いても興味が尽きない。
また「時には娼婦のように」についての話も、なるほどと頷けるものだった。

一芸に秀でた人の話というのは、やはり興味深く面白い。
最初は寝ぼけた頭でぼんやりと聴いているが、話の面白さに引き込まれ次第に目が醒めていく。
とくにここ数日は興味深い話が続いたので、とくに楽しむことができた。

ラジオ深夜便の放送が始まったのは1990年。
リスナーは今では200万人ともいわれている。
いかに眠れぬ人が多いかということだ。
そしてその無聊をこの番組がいかに慰めてくれているかということである。
いまや深夜にはなくてはならないツールになっているのである。


スポンサーサイト

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2018年3月) Older Entry春の訪れ
Comments






カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018