風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「マリアンヌ」

allied.jpg

前半はカサブランカ、後半はロンドンへと場所を移して繰り広げられるサスペンス・ドラマ、そしてラブストーリーである。
時代に翻弄される男女の物語は、まさにハリウッド映画の王道、華麗で壮大なドラマである。

時は1942年、仏領モロッコのカサブランカ。
カナダ空軍のパイロットで、英国情報部の工作員として働くブラッド・ピット演じるマックスと、フランス人のレジスタンスであるマリオン・コティヤール演じるマリアンヌが、フランス人夫婦に偽装、ドイツ軍のパーティに潜入して大使暗殺を謀る。
生きて帰ることは叶わないと覚悟して臨んだ作戦だったが、無事生還、作戦遂行のなかで心を通わせたふたりは、ロンドン帰還後に結婚、やがて娘も生まれ、満ち足りた生活を送っていたが、マリアンヌにドイツ軍の二重スパイとしての疑いが浮上する。

前半のカサブランカの部分は、まさに映画「カサブランカ」と時も場所も同じである。
モロッコ最大の都市カサブランカは、当時フランス領であったが、ドイツ軍が占領、その支配下に置かれていた。
そのため、連合国側とドイツ軍の間では様々な暗闘が繰り広げられていた。
この物語もそんな背景の中で描かれるが、スパイ映画の王道を行く展開は、ハラハラドキドキの連続である。
もうそれだけで堪能してしまうが、続くロンドン篇では、それをさらに上回るサスペンスが待ち構えている。
二転三転するストーリー展開、美しく自在な撮影、当時を再現したゴージャスな美術や衣装、主役二人の息の合った演技、そしてそれらを巧みに生かした演出の冴えと、すべてがハリウッドの王道を行く一級品の味わいである。
こういう映画には安心して身を任せられる。
監督は名匠ロバート・ゼメキス。
「フォレスト・ガンプ/一期一会」、「コンタクト」、「キャスト・アウェイ」、「ザ・ウォーク」など秀作が多いが、この映画もそれらの代表作に連なるものだ。
また戦争を背景にした恋愛映画に名作は多いが、この映画もそうした系列に名を連ねることができる。
久しぶりにハリウッド映画の王道を、心ゆくまで堪能した。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2018年2月) Older Entry映画「フェンス」
Comments






カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2018