FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦」

red1942.jpg

2015年のロシア映画、日本未公開だが、見応えのある作品。
大げさな題名から、よくある戦争アクション物かと思ったが、予想に反してなかなか見せる人間ドラマで、思わぬ拾いものであった。

時は1942年、ドイツ軍がソ連に攻め込んだ、いわゆる独ソ戦さなかの物語である。
ウラル山脈の森林地帯にある、小さな村に配備された少数の守備部隊。
前線から離れているため、緊張感はなく、酔っ払った兵士が問題を起こすことも珍しくない。
苦り切った隊長のヴァスコフは、代わりに酔っ払わない兵士を寄こせと要求。
やってきたのは女性兵士ばかり。
がっかりするが、ドイツ軍の飛行機が来ると、意外な活躍を見せる。
彼女たちはそれぞれ家族や恋人をナチスに殺され、ドイツ軍に対する強い憎しみがあり、ドイツ軍をやっつけようという強い使命感を持っている。
そうした彼女たちの過去が、繰り返し映し出されていく。

ある日、森で数名のドイツ兵が目撃される。
そこでヴァスコフは、女性兵士5名を選んで、森の奥深くへと偵察に出発するが、少人数と思っていたドイツ兵が、予想をはるかに超えた大人数であった。
それは森の先にあるシベリア鉄道を抑えるために、送られた部隊だということが、次第に分かってくる。
ヴァスコフは救援部隊を呼ぶために、兵士ひとりを帰すが、救援部隊が駆け付けるまでの間、残った女性兵士たちとともに戦うことを決意する。
圧倒的に不利な状況のなか、決死の戦いが始まる。
そしてひとりまたひとりと、女性兵士たちが倒れていく。

独ソ戦では、多くの女性兵士が存在したそうだ。
ほとんどが20歳前後の若い女性たちで、なかには男の兵士を凌ぐほどの活躍をした兵士もいたという。
あまり多く語られることのない、戦争の裏面史である。

この映画は、1973年に作られたソ連映画「朝やけは静なれど…」のリメイク作品で、オリジナルのこちらは、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたということだ。
ロシア映画らしく、重くリアルな戦争映画であった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト




Newer Entry映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」 Older Entry今月観た映画と読んだ本(2017年11月)
Comments






カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019