風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「起終点駅 ターミナル」

kisyouteneki.jpg

桜木紫乃の小説、初の映画化作品である。
先日桜木紫乃の「氷平線」を読んだ後、彼女のことを調べているなかで、この映画の存在を知ったのである。
さっそく借りてきた。

主演は佐藤浩市。
ひとり暮しの初老の弁護士、鷲田完治を演じている。
20年前には新進の裁判官だったが、ある事情から裁判官をやめ、今は国選弁護しか引き受けない弁護士として、ひっそりと生きている。
そんな彼の元に弁護を担当した若い女性が、頼みごとと称して訪ねてくるが、仕事以外での人との関わり合いを極力さけようとする鷲田は、その依頼を受けようとはしない。
しかし心ならずも彼女と深く関わることとなり、そのことがきかけとなって新しい一歩を踏み出していこうとする。

舞台は桜木紫乃の地元である釧路。
その雪景色のなかに人生を早々と降りてしまった孤独な男として佐藤浩市が立つと、もうそれだけでふつふつと悲しみが滲み出してくる。
こういうシチュエーションで真っ先に思い出されるのは、高倉健である。
しかし彼がいない今、佐藤浩市はそれを表現できる数少ない俳優のひとりであろう。
そしてこの映画はまさに彼あってこその映画でもある。
罪の意識を抱え、まるで自分を罰するようにひたすら自分を抑えて生きる男のたたずまいを見ているだけで、胸が熱くなってくる。
映画としては、いくつか疑問を呈したくなる部分がなきにしもあらずだが、佐藤浩市の抑えた演技を味わえただけで大満足であった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト

Newer Entry映画「最愛の子」 Older Entry島田雅彦「ニッチを探して」
Comments






カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2017