風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 川本三郎  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

川本三郎「物語の向こうに時代が見える」

monogatarinomukou.jpg

川本三郎のおそらく最新の単行本であろうと思う。
図書館で予約しておいたが、短期間で借りることができた。
どちらかといえば地味な部類に属するこうした評論集は、新刊であってもあまり待たずに借りることができるのでありがたい。

今回の評論は映画ではなく、文芸評論である。
題名からも判るように、小説のなかから今という時代を読み解こうとするものだ。
とりあげた小説は24編、いずれも読み巧者である川本の目にかなった作家ばかりだが、そのなかに乙川優三郎、角田光代、車谷長吉、佐藤泰志、水村美苗といった好きな作家の名前があるのがうれしい。
なかでも先日読んだばかりの乙川優三郎と水村美苗がとりあげられているのが、偶然とはいえ格別うれしい。
その評論が身近なものとして頭に入ってくる。
逆に知らない作家や馴染のない作家のものは、興味深く、いちど読んでみたいと思うようになってくる。
ちなみに知らない作家のなかに平岡敏夫という人がいる。
香川県仲多度郡広島村(現丸亀市)生まれである。
広島というのは瀬戸内海に浮かぶ塩飽諸島のひとつ。
同じ郷土出身者にこういう人がいることを初めて知った。
これもこの本を読んだ収穫のひとつ。
こういうところにまで目が行き届いているのである。
改めて守備範囲の広さを認識させられた。
そしていつもながら巧みな読み解きに、唸らせられ、何度も頷きながら読み進んでいった。

たとえばそれは<自分の故郷、土地、場所を持っている作家は強い。その町を文学の生まれるところと思い定めて、静かに町に暮らし、作品を生み出していく。>といった書き出しではじまる「『鳥たちの河口』とミステリと」と題された野呂邦暢論の次のような文章。

<諫早に住んだからといって野呂邦暢は、郷土作家とは少し違う。代々、そこに根を下ろしていたわけではないし、土地の人間と濃い関係を作ろうとしたわけではない。当初は、経済的事情さえ許せば東京に出たいという気持ちもあったようだ。
 それが次第に諫早に落ち着くようになった。町の中心を本明川が流れ、それが有明海へと注ぐ。河口には茫漠たる干潟が広がる。その町の風景に心惹かれていった。
 土着の作家とは違う。いわば他所者である。他人の目で町を見る。第三者の視点で町の風景を見る。観察する。野呂邦暢は諫早の町にあっていつもアウトサイダーの位置に自分を置いた。他所者として生きる。そこから見えてくる風景を心にとめてゆく。そこに野呂邦暢の新しさ、面白さがあった。>

いかにも川本三郎好みの作家である。
こういう表現を読んでいるだけで、ドキドキと心拍数が上がってくる。
ぜひその小説を読んでみたいという気持ちにさせられる。
そしてそれを読んだ後、もういちどこの本を読み返してみようと思うのである。
いい本に巡り合えた。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entry黒井千次「高く手を振る日」 Older Entry映画「バクマン」
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017