風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: クリント・イーストウッド  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ハドソン川の奇跡」

sully.jpg

ニューヨーク、マンハッタン上空で、飛行不能に陥った旅客機が、ハドソン川に緊急着水するという事故が起きたのは、2009年1月のことである。
そうした大変な事故であったにも関わらず、ひとりの犠牲者も出すことがなったというニュースが全世界に流れた。
そのニュースを驚きと感動で受け止めたことはまだ記憶に新しい。
それを題材に映画化したのがこの作品である。

監督はクリント・イーストウッド。
「アメリカン・スナイパー」以来2年ぶりの監督作である。
主演はトム・ハンクス。
イーストウッド作品ではこれが初出演であるが、適役。
苦悩するヒーロー、サレンバーガー機長を見事に演じて、間違いなくこれは彼の代表作になる。

前作「アメリカン・スナイパー」もそうだが、イーストウッドの最近の映画には実話の映画化が多い。
「ジャージー・ボーイズ」はボーカル・グループ“ザ・フォー・シーズンズ”、「J・エドガー」はFBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー、そして「インビクタス 負けざる者たち」は南アフリカ共和国ラグビーチームとネルソン・マンデラ大統領と、いずれの作品も実在の人物を題材にした物語。
そしてそのいずれの作品も主人公たちを単なるヒーローとして描くのではなく、等身大の人間として描いている。
そのスタンスはこの映画でも変わらず、次第に追い詰められていくサレンバーガー機長の葛藤や苦しみをけっして大げさではなく、抑制のきいた手法で描いており、イーストウッド監督の演出のさらなる円熟味を感じさせてくれる。

それにしても全世界から賞賛を浴びたこの事故の裏側に、これほどの事実があったということは初めて知った。
同時に多くの人命を預かるパイロットの仕事がいかに重責であるかということも。
それだけにどんな小さな過失もけっして許されてはならないわけで、そこでこの映画のようなスリリングなドラマが生まれることになる。
そしてその難題に立ち向かうサレンバーガー機長のプロ魂が、さらなる奇跡を呼び起こす。
題名にある「奇跡」にはそうした2重の意味がこめられているように思う。

上映時間は96分という短さ。
2時間を超える上映時間が当たり前で、3時間になる映画も珍しくない今、この短さはある意味驚きだ。
しかしその短さを感じさせない充実な内容に、長時間の映画を観るのと変わらない重量感があった。
時に感動の涙を流しながら眼をくぎ付けにされた、濃密な96分だった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : 映画レビュー  ジャンル : 映画

Newer Entry藤岡陽子「手のひらの音符」 Older Entry今月観た映画と読んだ本(2017年1月)
Comments






カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017