風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 五木寛之  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

五木寛之「新老人の思想」

sinroujin.jpg

先日、高齢者を65歳から75歳に引き上げるという発表が「日本老年学会」によってなされたが、これは元気な高齢者が増えたことによるもの。
今や4人に1人が65歳以上という超高齢化社会になったのである。
有史以来、初の時代の到来である。
そうしたなか人はどう老い、どう生きて行けばいいのかが問われるようになってきた。
それについては様々な著書が出版され、様々な提言がなされている。
この本もそうしたもののひとつである。

著者の五木寛之氏は1932年生まれ。
この本が出版されたのが2013年だから、その時点で81歳になる。
題名に「思想」とあるが、それほど大上段に構えたものではなく、その年齢を迎えての老いに関する様々な雑感を書き綴ったもの。
なるほどこういう考え方もあるのかと参考になるものや、日頃何となく考えていることをうまく纏めてくれたものもあり、興味は尽きない。
そうした経緯については、「あとがきにかえて」にまとめているので、それを書いておく。

< ここに集めた文章は、『下山の思想』とおなじく、日々、「日刊ゲンダイ」に書きつづったものから選んだ提言である。
 私自身が超高齢者の仲間に加わって、はじめて見えてきた世界があった。それは時代の変わり目に生きている、という実感である。
 すべての人々は、いずれ老いる。それだけではない。老いてなお世を去ることなく、数十年を生きなければならない。現在、青年期、壮年期に属する人びとも、あっというまに老年に達する。高齢者はもちろん、誰もが若いうちからその覚悟で生きる必要があるのだ。
 老人は、すでにある層ではない。それは他の世代と利害を異にする「階級」である、と私は思うようになった。
 「階級」は、いやおうなく対立する。他の「階級」におぶさって生きていこうなどという甘い考えは、もう通用しないだろう。私たちは可能な限り自立し、相互扶助をし、他の「階級」の好意に甘えておぶさるべきではない。
 そんな自戒をこめて書きつづった文章を集めて、『新老人の思想』というタイトルをつけた。
 これは私自身の悲鳴であり、またマニフェストでもある。「おれの墓場はおいらがさがす」などと若いころにうたった世代の人間として、その意地だけはつらぬきたいと思う。
 (中略)
 「起て、老いたる者よ」と、昔のメロディーにのせて口ずさむ今日この頃である。>

考えてみれば今年は60代最後の年になる。
そうした節目の年を迎えるに当たり、この本を読んだことは最良の選択であったように思う。
この本にも書いているように、これから歩き続ける老いの日々を悲観しすぎるのでも、楽観しすぎるのでもなく、ナチュラル・エイジングと捉えて生きていこうと思ったのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entry映画「ブルックリン」 Older Entry今月観た映画と読んだ本(2016年12月)
Comments






カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017