風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「64 ロクヨン 前後編」

64-movie.jpg

今年の邦画界は「シン・ゴジラ」、「君の名は。」、「この世界の片隅で」など、近年にないほどメガ級のヒット作が目白押しである。
このヒットの要因に大きく貢献しているのが、ネットの情報発信である。
映画を観て感動した観客が評価の高い情報を発信することで口コミとなって広がり、それによって観客がさらに増えるという循環が生まれる。
それがこうしたメガヒットへと結びついているのである。
この映画「64 ロクヨン」もそうしたもののひとつである。
封切後ネットに好意的な情報が飛び交い、それを目にし、ぜひ観に行きたいと思いながらも、結局行きそびれてしまったのである。
それがようやくDVDとして出た。

前編は、警察内部の確執と、時効が1年後に迫った通称「64(ロクヨン)」と呼ばれる誘拐事件を中心に描かれる。
主人公の三上義信(佐藤浩市)は事件当時、県警本部刑事部捜査一課で捜査を担当していたが、14年後の今は広報室広報官となっている。
警察と記者クラブとの間を橋渡しする職務であるが、上層部の無理難題や身勝手さと、記者クラブからの難しい要求の板挟みになっている。
また家庭では親子関係が壊れた娘が、家出をして行方不明という問題を抱えている。
そうした四面楚歌のなか、1年後に時効となる事件「64(ロクヨン)」と再び向かい合わなければならない状況へと追い込まれていくというのが、前篇の大まかな流れである。

とにかく広報官の追いつめられ方が尋常じゃない。
まるで全員がよってたかって広報官ひとりをいじめているとしか思えないような追いつめられ方なのである。
出口なしの状況に苦悩する姿が、延々と続いていく。
演じるのは佐藤浩市、渾身の演技である。
そして彼を追いつめる警察上層部は、奥田瑛二、椎名桔平、滝藤賢一といった芝居達者な面々。
さらに記者クラブの記者は瑛太を中心に、一癖も二癖もある無名俳優たちが演じている。
そうした有名無名の多くの俳優たちの激しい演技のぶつかり合いによって、緊迫の度合いがますます高まっていく。

こうした群像劇というものはとかく人間関係が複雑で、かつ情報量が多くなるのが特徴である。
観ている方は、それに追いついていくのがひと苦労。
時には細部を見落とすこともある。
それでも映画の本筋さえ見失わない限り、それほど大きな問題はないと考えている。
「シン・ゴジラ」でもそうだったが、映画にダイナミックな勢いさえあれば後は了解して観てしまうもの。
その勢いがあるかどうかが、分かれ目になってくるが、この映画にはそれがある。
後で考えれば腑に落ちない点や、綻びに気づくこともあるが、勢いに押されて流れに乗っていってしまう。
それが映画の持てる力というものであろうと思う。
そしてその勢いのまま64(ロクヨン)を模倣した事件が起きる後編へと突入していく。

後編の見所はその模倣事件の展開と、それを引き金にした「64(ロクヨン)」事件の解決へと至る展開であるが、ここで模倣事件の被害者の父親を演じる緒方直人が新たに登場して熱演をみせている。
そしてそれに広報官の佐藤浩市と、実際の事件「64(ロクヨン)」の被害者である永瀬正敏と当時の事件の重要な担当者であった元刑事、吉岡秀隆が絡み、意外な展開を見せて行くことになる。
ところで新たに登場した緒方直人と主人公の佐藤浩市について、面白い見方があるので紹介してみたい。
それは評論家の春日太一が、週間文集に書いた『佐藤浩市&緒方直人~それぞれの父の面影』という記事である。
ふたりの父親、三国連太郎と緒方拳は映画「復讐するは我にあり」で共演しているが、そこで火花の散るような演技合戦を見せている。
そのふたりに重ねて、「息子たちは、父親の神業にどこまで近づいたか。『64』でご確認いただきたい。」と書いている。
そうした興味深い見方ができるのも、またこの映画の大きな見どころである。
前後編合わせて4時間、この長丁場を飽きずに見せてくれるこの映画は、間違いなく今年を代表する映画のひとつである。

参考までに原作のレビューはこちらです


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画

Newer Entry映画「ザ・ウォーク」 Older Entry西川美和「永い言い訳」
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017