風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 川本三郎  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

川本三郎/筒井清忠「日本映画 隠れた名作」

kakuretameisaku.jpg

副題に「昭和30年代前後」とあるように、映画全盛時代に量産された日本映画のなかから、注目されずに忘れ去られてしまった名作の数々を掘り起し、再評価し直そうという対談本である。
著者は川本三郎と筒井清忠。
ともに古い日本映画に造詣の深いふたりだが、筒井清忠氏はこの本で初めて知った。
著者紹介文によると、帝京大学文学部日本文化学科教授とある。
昭和23年(1948)生まれなので、同年齢である。
東映のチャンバラ映画から始まったという映画遍歴は、われわれ団塊の世代にとっては共通の定番コースといえるものである。
そのためか昭和19年(1944)生まれの川本氏との対談を読んでいると、いっしょに話題に参加しているような気分になってくる。
各章はひとつのテーマのもと、何人かの監督たちが採り上げられており、その作品について話を進めて行くという体裁をとっている。
それらを列記していくと、家城巳代治、鈴木英夫、千葉泰樹、渋谷実、関川秀雄、清水宏、川頭義郎、村山新治、田坂具隆、滝沢英輔、野村芳太郎、堀川弘通、佐伯清、沢島忠、小杉勇、中村登、大庭秀雄、丸山誠治、中川信夫、西川克己といった監督たち。
「いつまでも<小津、黒澤>ばかりではないだろう、と私も思っており、いまではマイナーになってしまった監督を採りあげたいですね」と川本氏が語っているように、今ではあまり論じられることがなくなった監督たちばかりである。
そうした監督たちの知られざる映画の知られざる情報が、つぎつぎと語られていくのを読んでいると、あっという間に昭和の時代へと連れ戻され、時間を忘れてしまう。
楽しく懐かしい対談本である。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画

Newer Entry西川美和「永い言い訳」 Older Entry映画「リリーのすべて」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017