風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

ふたりだけの名作映画上映会

古い日本映画を観直している。
きっかけは高峰秀子の自伝「わたしの渡世日記」である。
10年前、家を建てかえた際、本はほとんど処分してしまったが、映画関係の本だけは少し残しておいた。
そのなかにこの本があったのだが、家内から何かいい本はないかと尋ねられ、この本を薦めたところ、その面白さにすっかり嵌ってしまった。
そして読み終わった後、高峰秀子の映画を観たいと言い出したことから、古い映画を観ることにしたのである。

20160822-1a.jpg

まず最初に観たのは、「浮雲」と「女が階段を上る時」、そして「乱れる」と「流れる」、いずれも成瀬己喜男監督作品である。

20160822-2.jpg

さらに木下恵介監督の「永遠の人」、野村芳太郎監督の「張り込み」、そして松山善三監督の「名もなく貧しく美しく」と続く。
そしてその後は高峰秀子の主演作からいったん離れて、同時代の名作へと移っていったのだが、レンタルで探すとなると観ることができる作品はどうしても限られてくる。
いちばん手に入れやすいのは小津作品である。
そこで小津作品を集中的に観ることにした。

20160822-3.jpg

20160822-4.jpg

20160822-5.jpg

「彼岸花」、「秋刀魚の味」、「麦秋」、「早春」、「晩春」、「東京暮色」、「秋日和」、「浮草」。
さらに成瀬作品の「晩菊」を観た。

これらを休みの日には3本、普段の夜に1本といったように、次々と観続けた。
家内とふたりだけの名作映画上映会である。

これらの作品は、ほとんどが昭和30年代に作られたものばかり。
そこに映し出される風景や生活は、子供時代のもの。
当時のことが懐かしく思い出される。
そして忘れていた記憶や、新しい発見が、これらの映画を通して鮮やかに浮かび上がってきたのである。
観終わった後も、そうした話題で盛り上がり、話が尽きず、懐かしく楽しい時間を過ごすことになったのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2016年8月) Older Entry今月観た映画と読んだ本(2016年7月)
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017