風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 村上春樹  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「トニー滝谷」

tony-eiga.jpg

<トニー滝谷の本当の名前は、本当にトニー滝谷だった>で始まる短編小説「トニー滝谷」を映画化した作品。
短編集「レキシントンの幽霊」のなかに収められている。
これを読んだ家内が、映画も観たいと言い出したので、レンタル・ショップで借りてきた。
以前観たのはおよそ10年ほど前のこと。
この機会にまたもういちど観ることにした。

村上春樹の小説は、あまり映画化されていない。
小説の人気に比べるとその数は極端に少ない。
独特の世界観をもつ彼の作品は、映像化するのが難しいということなのかもしれない。
しかしその難しい関門を、この映画はうまくクリアしている。
そしてその難関をクリアするために様々な工夫を凝らしている。
まずセリフを極端に少なくして、映像だけで見せるという手法を用いている。
そしてその少ないセリフを補うように、ナレーションが多用される。
ナレーションの多用というのは、映画にとっては禁じ手である。
ひとつ間違えれば命取りになりかねない。
それをこの映画では敢えてやっているのだが、そこにひと工夫を加えている。
それはナレーターだけが語るのではなく、演じている俳優自身にもそれを語らせるというものである。
この実験的なスタイルによって、単なるドラマではない、現実感覚から少しだけズレた浮遊感覚を味わうことになるのである。
また映像のかなりの部分が横移動によるもので、それによって時間空間の移り変わりを表現している。
そこに映るのは、必要最小限度にまで削られたシンプルなものである。
それは写そうというよりも、写さない工夫を凝らしているのではないかと思えてくるほど。
余計なものを削ぎ落とし、必要最小限のものしかない映像を観ているうちに、だんだんとその詩的で静謐な空間に心を奪われていく。
そしてそこに込められた孤独や喪失が、深い悲しみを伴ってごく自然に沁み込んでくる。
わずか76分という小品だが、どんな大作にも負けない濃密な時間がそこには流れている。

監督は市川準
『禁煙パイポ』や『タンスにゴン』などのCMを作り、『BU・SU』で劇場用映画に進出したCM界出身の監督である。
『病院で死ぬということ』、『東京兄妹』、『トキワ荘の青春』、『東京夜曲』など、独特な感性を持った監督として知られている。
8年前に59歳という若さで急逝したが、惜しまれてならない。
久しぶりにこれを観て、つくづくそう思うのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画

Newer Entry佐伯一麦 「ア・ルース・ボーイ」 Older Entry積雪ゼロ
Comments






カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017