風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 村上春樹  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

村上春樹「パン屋再襲撃」

panya.jpg

村上春樹の小説は不思議な話ばかりである。
この短編集「パン屋再襲撃」もそうだ。
タイトルを見てもそれは判る。
パン屋を襲うなどという話は、普通はありえない話。
しかも再襲撃というのだから、まともに聞けば冗談にしか聞こえない。
そんなわけの分からない小説だが、読んでみるとこれが面白い。
こういうのをカフカ的世界というのだろう。

あらすじを書くと、真夜中に耐え難い空腹感を感じた夫が、過去に友人とふたりでパン屋を襲撃したことを妻に話す。
そのパン屋は大変なワーグナー・マニアで、彼らにワーグナーを聴いたら、ただでパンを上げると言う。
そこでその言葉に従って大人しくワーグナーの曲を聴いてパンを大量にもらったのである。

<「それはどう考えても犯罪と呼べる代物じゃなかった。それはいわば交換だったんだ。我々はワグナーを聴き、そのかわりにパンを手にいれたわけだからね。法律的に見れば商取引のようなものさ」

「でもワグナーを聴くことは労働ではない」と妻は言った。

「そのとおり」と僕は言った。>

そしてその襲撃以来僕は「呪い」にかかってしまったのである。
それを聞いた妻は、その呪いを解くためには、もう一度同じことをやればよい、のだと言う。
そこで夫婦してパン屋を再襲撃するために、深夜の街へと出かけていくのである。

さらにこの短編に続く「象の消滅」では、動物園で飼っていた象が、飼育係と一緒に、ある日忽然と消えてしまう。
象舎の鍵はかけられたままで、開けた形跡はない。
それにもかかわらず大きな象が跡形もなく消えてしまったのである。
そして何ひとつ解明されないままに、話は終わってしまう。
不思議は不思議のままに残されるのである。
何だかおあずけを食ったような、置いてきぼりにあったような妙な具合だが、それでも読んでいる時には、その面白さにぐいぐいと引っ張られてあっという間に読んでしまう。
そんな不思議な魅力を持っている。
それが何なのか未だによく分からない。
しかしこうした不条理の世界の魅力にいったん捉えられると、つぎつぎと読まざるをえなくなってしまう。
村上ファンが同じ小説を何度も繰り返し読んでしまうということが、よく分かる。
こうして村上春樹の小説を読む日々が今も続いているのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry2015年邦画ベストテン Older Entry映画「6才のぼくが、大人になるまで」
Comments






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017