風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 小津安二郎  

Comment (0)  Trackback (0)

原節子、死去

harasetsuko.jpg

原節子が亡くなった。
享年95歳、映画界を引退してからすでに50年以上が経つが、未だに語られることの多い「伝説の女優」である。
こういう例は過去にはない。
まことに稀有な存在である。

彼女が引退したのは、1963年のこと、42歳であった。
1963年というと、私が15歳の時、高校1年生の頃。
なので彼女が出演した映画のほとんどはリアルタイムでは観たことがなく、憶えがあるのは、「日本誕生」と最後の作品となった「忠臣蔵」の2本だけ。
このうち「日本誕生」では天照大神(アマテラスオオミカミ)を演じていたことは、微かに記憶にあるが、「忠臣蔵」では出演していたことすら憶えていない。
またどちらも彼女の代表作というわけではないので、全盛期の作品はすべて後追いで観たものばかりである。
それも特別彼女の映画を観ようとしたわけではなく、小津や黒澤、成瀬といった監督たちの映画を追っかけているうちに、全盛期の彼女と出会ったのである。
恐らく自分たちの年代の者たちは、多かれ少なかれ似たようなものではなかったろうか。

そうやって観た彼女の映画のなかで印象的なものをあげると、『わが青春に悔なし』(1946)、『お嬢さん乾杯!』(1949)、『青い山脈』(1949)、『めし』(1951)、『晩春』(1949)、『麦秋』(1951)、『東京物語』(1953)となる。
この他にも、『安城家の舞踏会』(47)、『白痴』(51)、『山の音』(54)、『驟雨』(56)、『東京暮色』(57)、『娘・妻・母』(60)、『秋日和』(60)など名作は数多い。
だが選ぶとすればやはり先の作品ということになる。
そしてこれらの作品は1946年から1953年のわずか7年間に作られたものばかり。
原節子、26歳から33歳の時である。
そして9年後、42歳の若さで突然映画界を引退するのである。
そのことについては今回の死去に際しても、やはり様々に書かれているが、結局その理由に関しては依然謎のままである。

川本三郎に「君美わしく 戦後日本映画女優讃」という著書がある。
これは戦後の日本映画を代表する銀幕の名女優たちへのインタビューをまとめた本である。
山田五十鈴、高峰秀子、杉村春子をはじめとした煌びやかな顔ぶれが並ぶが、ひとり重要な人物が欠けている。
原節子である。
戦後の日本映画を論ずる場合、彼女はどうしても欠かすことのできない女優のひとりである。
そんな彼女が欠けていることは画竜点睛を欠くことになるが、早くに女優業を引退し、以後表舞台には一切姿を表さなかったことを考えれば、これはやはり致し方のないことだと言わざるを得ない。
しかしここに彼女の姿はないが、逆に不在という目に見えない存在感を強く感じさせられるのである。
そして同時に表舞台には決して出ないという彼女の決意が、いかに強いものであったかということも。

昨日NHKで追悼番組として『東京物語』が放映された。
それを観て、哀悼の意を込めながら在りし日を偲んだ。


最期に備忘録として彼女の簡単な経歴を書いておくことにする。

本名会田昌江(あいだ・まさえ)
1920年6月17日神奈川県横浜市で生まれる。男3人、女5人の末っ子であった。
1935年横浜高等女学校(横浜学園高等学校)を中退して15歳で日活多摩川撮影所に入社。これは経済的に困窮する家庭のため、次女光代と結婚していた映画監督の熊谷久虎の勧めによるもの。
同年の日活映画『ためらふ勿れ若人よ』(田口哲監督)で映画デビュー。同作で演じた役名「節子」から芸名をとって「原節子」とした。
1936年初の日独合作映画『新しき土』のヒロイン役に抜擢される。
同年、11月30日に発足した東宝映画株式会社に移籍する。
1946年黒澤明監督の戦後初の作品『わが青春に悔なし』のヒロインに抜擢される。
同年、東宝争議のあおりを受けて3月に創立した新東宝に参加。
1947年6月フリーの女優として独立。
1949年初めて小津安二郎監督と組んだ作品『晩春』に出演。
同年『晩春』、『青い山脈』、『お嬢さん乾杯』の演技が評価され、毎日映画コンクールの女優演技賞を受賞。
1953年、『白魚』の御殿場駅での撮影中に原の眼前で実兄会田吉男(東宝のカメラマンであった)が助手の伊藤哲夫と共に列車に撥ねられ不慮の死を遂げるという悲劇に遭う。そしてこの事件のわずか10日後、『東京物語』の撮影に入る。
1963年東宝創立三十周年記念作品『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』出演を最後に、女優業を引退。28年間で108本の映画に出演した。
以後表舞台には一切姿を見せず、2015年9月5日肺炎で死去、95歳であった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 俳優・女優  ジャンル : 映画

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2015年11月) Older Entry映画「鍵」
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017