風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 市川崑  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「鍵」

kagi.jpg

市川崑監督が大映時代に撮った文芸作品のうちの1本。
この時代(1958年~62年)は市川崑監督の全盛期で、代表作の多くがこの時期に撮られている。
そしてそのほとんどが文芸作品である。
書き出してみると、1958年に「炎上」、1959年には「鍵」と「野火」、1960年は「ぼんち」と「おとうと」、1961年は「黒い十人の女 」、そして1962年には「破戒」といったぐあいである。
「黒い十人の女 」だけがオリジナルで、後はすべて文芸作品である。
参考までにそれぞれの作品の原作の作家名を書くと、三島由紀夫、谷崎潤一郎、大岡昇平、山崎豊子、幸田文、島崎藤村といった、錚々たる顔ぶれ。
さらにこれらの作品のうち「野火」と「黒い十人の女 」を除いた作品はすべて、宮川一夫が撮影を担当している。
ちなみに「野火」と「黒い十人の女 」は小林節雄。
名作にとってカメラマンの力量がいかに重要かということが、このことからもよく判る。
宮川一夫らしい斬新な映像が随所に見られ、その映像美を堪能できる。
実験精神旺盛な監督とカメラマンが、新しい映像を求めて様々な試みをしている様や、映画全盛時代の活気あふれる現場の熱気が、画面の端々から伝わってくる。
なお宮川一夫カメラマンは、これらの作品と並行して1959年には小津安二郎の「浮草」を、そして1961年には黒澤明の「用心棒」を撮っている。
また「浮草」で共演した中村鴈治郎と京マチ子が、この作品で再び共演しているというのも、面白い。
「浮草」とはまた違ったふたりの関係が見られるのが興味深く楽しめる。
こうした映画を観るたびに思うことだが、名作はいつまで経っても古びない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Newer Entry原節子、死去 Older Entryスターバックス弘前公園前店
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017