風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: テレビ・ラジオ番組

Tags: 藤沢周平  仲代達矢  

Comment (0)  Trackback (0)

清左衛門残日録

seizaemon.jpg

先日書いたことの続きだが、テレビドラマ「清左衛門残日録」のDVD6枚すべてを観終わった。
内容は全14話とスペシャル版の「仇討ち! 播磨屋の決闘」である。
宅配でDVDが2枚づつ送られてくるのだが、観終わると返却し、それが向こうに着くと折り返し次の2枚が送られてくるというシステムであるが、届くまでの何と待ち遠しかったことか。
一刻も早く続きが観たくてたまらない。
それほど夢中になって観続けたのである。

このドラマは、1993年(平成5年)にNHKの「金曜時代劇」で放映されたもの。
その時何本か観た覚えがあるが、見逃したものも多く、今回すべてを通して観て、また改めてその佳さに感じ入った次第である。

何と云っても清左衛門を演じた仲代達矢が素晴らしい。
彼以外にこの三屋清左衛門役は考えられないと思えるほどの適役である。
元用人という重厚さだけではなく、時にコミカルな面も見せながら、人間的に深みのある三屋清左衛門を、これ以上はない見事さで演じている。
さらに彼の無二の親友、佐伯熊太を演じる財津一郎がまた、これに負けず劣らずの適役である。
ふたりの軽妙なやりとりを聞いているだけで思わず口元が綻んでくる。

そして彼らにからむ二人の女性、涌井の女将を演じるかたせ梨乃、そして清左衛門の息子の嫁、里江を演じる南果歩、その艶やかさと優しさがドラマの大きな彩りとなっている。
また竹馬の友を演じた佐藤慶と河原崎長一郎もいい。
佐藤慶が演じたのは金井奥之助、清左衛門とは元同僚で、道場にともに通った旧い友人である。
しかし政争でついた側が失脚したために家禄は減らされ、以来貧しい不遇の人生を送ることになった。
ふたりは30年ぶりで再会したが、用人にまで出世した清左衛門との間には越えられないほどの差がついており、それを恨みに思う奥之助は一緒に釣りに出かけた磯で清左衛門を海に突き落とそうとする。
しかし誤って自分が落ちてしまう。
清左衛門に助けられた奥之助は次のような言葉を洩らす。
「許してくれとは言わぬ。助けてもらった礼も言いたくない。それでも、むかしの友人という気持ちが一片でも残っていたら、このままわしを見捨てて帰ってくれ。もう二度と、貴公とは会わぬ」

河原崎長一郎演じるのは、大塚平八。
清左衛門や熊太とは幼馴染、道場仲間である。
しかしふたりとは違って特にこれといった人に誇れるような能力があるわけではなく、ごく平凡な男である。
そんな彼が小心翼々として家禄を守り抜き、隠居の身となった。
そしてようやく静かで落ち着いた生活が始まったという矢先に中風で倒れてしまう。
不運を絵にかいたような男だが、彼と清左衛門、熊太との少年時代と変わらぬ胸襟を開いた親しい交流には深い滋味があり、ホッとして泣かされてしまう。

こうした俳優たちの熟達の演技に酔い、そして様々な人間たちの人生の機微と哀歓を味わうことのできた楽しい日々であった。
「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ」仲代達矢が読むこの言葉と、「人は命ある限り生き続けなければならない」というセリフが、今も鮮明に耳に残っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 時代劇  ジャンル : テレビ・ラジオ

Newer Entry乙川優三郎「太陽は気を失う」 Older Entry映画「アパートの鍵貸します」
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017