風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 中村錦之助  仲代達矢  時代劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「股旅 三人やくざ」

sanninyakuza.jpg

先日BSで観た映画「股旅 三人やくざ」を初めて観たのは、1965年のこと。
今から半世紀前ということになるが、そんなに時間が経ったのかと思えるほど、この映画の記憶は鮮明に残っている。

題名からも判るように、三人のやくざが登場するオムニバスの股旅映画である。
「秋の章」、「冬の章」、「春の章」と分かれ、それぞれを仲代達矢、松方弘樹、中村錦之助が演じている。

「秋の章」ではこれが股旅やくざを初めて演じるという仲代達矢が、正統派のやくざを重厚に演じて、見応え十分。
続く「冬の章」では松方弘樹が故郷を追われた水呑百姓上がりのやくざを溌剌と演じ、老残のやくざ、志村喬との対比のなかで、やくざ渡世の空しさや人情の篤さが描かれる。
そして最後の「春の章」では、錦之助がいつもの颯爽とした役柄とは違い、口先ばかりで一向に頼りにならない半端者のやくざを飄々と演じて楽しませてくれる。
同じ年に作られた、こちらもオムニバス映画である「冷や飯とおさんとちゃん」とともに、錦之助の演技の幅の広さを再認識させられる映画である。
3話のなかではいちばん見応えがあり、さらに錦之助ファンにとっては決して見逃すことのできない必見の映画なのである。

またそれぞれの主役の相手役となる女優達(桜町弘子、藤純子、入江若葉)も素晴らしい。
とくに第1話で気性の激しい女郎を演じた桜町弘子が出色。
彼女の代表作である「骨までしゃぶる」の女郎役と似通った役柄を好演している。
「骨までしゃぶる」が作られたのが、この映画の翌年の1966年だから、加藤泰監督は案外この時の彼女を見て、主役に抜擢したのかもしれない。
と書いてふと思ったのだが、というよりも加藤泰映画の常連として使われている桜町弘子の美質を買ったがゆえの起用であり、さらに本家帰りをして代表作出演となったといったほうが正しいのかもしれない。
両監督ともそんなことは先刻ご承知のことだろう。
ともかくそんなあれこれを想像させられる熱演であった。

さらに第2話の藤純子はこの時19歳。
このわずか3年後に「緋牡丹博徒」で、あの艶やかな矢野竜子を演じることになろうとは想像もできない初々しさである。

監督は沢島忠。
錦之助とともに「一心太助」シリーズなど、斬新な演出で東映時代劇を支えてきた彼が、その終焉を飾るように作り上げた傑作である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Newer Entry鈴木則文「下品こそ、この世の花 映画・堕落論」 Older Entry鰺ヶ沢トライアスロン大会のこと
Comments






カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017