風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 新藤兼人  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「裸の島」

hadakanosima.jpg

セリフは一切なしの無言劇。
だがセリフ以上に饒舌に語りかけてくる。
生きるということを、シンプルに力強く描いている。
水を汲み、伝馬船で運び、桶を担いで坂道を登って行く。
ただそれだけをひたすらに描いた映画。
桶を担いで坂道を一歩一歩登って行く姿は、まさに人生そのもの。
そしてそこには厳しさや苦しみだけではなく、歓びや哀しみも同時に刻み込まれている。
瀬戸内の穏やかで美しい自然と音楽が、それをさらに力強く支えている。

この映画は近代映画協会が、経営に行き詰まり、解散の憂き目にあった時、低予算、少人数のスタッフで、解散記念として撮ったものである。
謂わば近代映画協会にとっては遺書のようなもの。
興行のことはまったく考えず、自分たちの撮りたいように自由に撮った。
その結果モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞、さらに数々の画祭でも高く評価され、興行的にも成功、近代映画協会は解散を免れて、息を吹き返したのである。
そんなターニングポイントになった映画である。

ロケをしたのは、広島県三原市の沖にある宿祢島(すくねじま)、周囲800メートルほどの無人島である。
その向かいにある佐木島に民家を借り、合宿しながらの撮影であった。
そしてこの時の経験を生かしたこの独特な形式が、以後の近代映画協会の撮影方法となったのである。

この映画は、学生時代に一度観ただけだが、以来数十年ぶりの再見であった。
先日観た「愛妻物語」、「この広い空のどこかに」と同様、YouTubeで見つけたものである。
この後も引き続き、いくつかの新藤作品を見るつもりである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2015年4月) Older Entry映画「この広い空のどこかに」
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017