風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「この広い空のどこかに」

hiroisora.jpg

小林正樹監督の第4作目の作品である。
こちらも先日の「愛妻物語」同様、YouTubeで観た映画である。
こういう古い映画が、ネットで観られるのは有難い。
あまり期待せず、何気なく観始めたが、次第に目が離せなくなってしまった。

松竹ホームドラマの王道を行く映画だが、丁寧に作られているのが、ひしひしと伝わってくる。

1954年、戦争が終わって9年を経た家族の物語である。
川崎市の商店街の一角で、両親が始めた酒屋兼雑貨屋を若い長男夫婦が引き継いで営んでいる。
夫婦は結婚したばかりで、しかも年老いた母親と戦災で足が不自由になった妹、そして大学生の弟と同居しており、何かと肩身の狭い思いをしている。
そんな若妻を長男は何くれとなく気遣いながら商売に励んでいる。
そうした日常のささやかな波風が、きめ細かく淡々と描かれていく。

戦争の傷跡がまだ市民生活のあちこちに影を落としている様子が、酒屋を訪れる客や大学生の弟の友人の姿から窺える。
生活は決して楽ではなく、家族間にも意思の通じないギクシャクとしたものがあるが、それでも未来を信じて前向きに生きていこうとする姿には、素直に感動してしまう。
登場するのは善意の人ばかり。
つつましく懸命に生きていこうとしているが、それでも多かれ少なかれ悩み事を抱えている。
そんな小市民の哀歓がしみじみと描かれている。

脚本は楠田芳子、小林正樹監督の師である木下惠介監督の妹である。
潤色が同じく木下惠介の門下生である松山善太(善三)。
長男夫婦を演じるのは佐田啓二と久我美子、そして足の不自由な妹を高峰秀子が演じている。
こうした布陣を見ると、木下色の強いことがよく分かる。
そして同時に小林正樹監督が、木下門下の選りすぐりの優等生だったこともよく分かる。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト

Newer Entry映画「裸の島」 Older Entry佐江衆一「動かぬが勝」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017