風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「インターステラー」

interstellar.jpg

近未来を舞台に描かれたこの映画は、地球滅亡が間近に迫ってくるなか、人類の存亡をかけて新しい惑星を探すための旅に出かけるという物語である。
「インターステラー」というのは、そのために行われる「惑星間移動」を意味している。
この壮大なスケールの物語を、「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」などで評価の高いクリストファー・ノーランが、メガホンをとっている。
主演は、こちらも最近注目度大のマシュー・マコノヒー、彼が人類の生き残りのために、新たな惑星を探し出す使命を課せられたNASAの元・パイロットを演じている。
そして幼い娘と交わした宇宙の旅からの生還という誓いを唯一の拠所として、困難な旅を続けていくのである。

この映画は、物語の説得力を高めるために「相対性理論」「量子論」「ブラックホール」「ワームホール」「ウラシマ効果」といった科学知識によって裏付けされており、そうした知識に基づいた時間空間の交錯が複雑に描かれている。
そのため当初はそうした知識に追いつくのに時間を要した。
しかし次第にそのアウトラインが見えてくるにしたがって、映画の世界へと没入していった。
予備知識としてこうした科学的知識があれば、もっと深く映画の世界に入っていくことができたのかもしれない。
いずれにしてもこうしたSF的味付けの複雑さ、解かりにくさは、クリストファー・ノーランの映画の特徴でもあるが、それが結果として知的好奇心を煽ることになり、熱狂的なファンを生み出す要因にもなっている。
そして映画が終わった後も、さらに詳しく知りたいという欲求にかられ、再び映画を観返すということにもなる。
またそうした再見にも耐えられるだけの骨太さを持っているのも、クリストファー・ノーランの映画の特徴でもある。

昨年観た「ゼロ・グラビティ」もよかったが、同じ宇宙ものとしてこちらも十分楽しめた。
さらに今回はそれに加えて父と子の人間ドラマという部分が、SFだけではない面白さを味わわせてくれた。

何度も登場してくる「穏やかな夜に身を任せるな。 老いても怒りを燃やせ、終わりゆく日に。 怒れ、怒れ、消えゆく光に。」というディラン・トマスの詩の一節が、絶望の中にあってもけっして希望を失わず、困難に立ち向かおうとするこの映画の内容を象徴する言葉として、強く印象に残った。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト

Newer Entry佐江衆一「動かぬが勝」 Older Entry映画「愛妻物語」
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017