風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: クリント・イーストウッド  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ジャージー・ボーイズ」

jarsey-boys.jpg

クリント・イーストウッドは、音楽愛好家としてもよく知られている。
特にジャズに対する造詣が深く、それは仕事にも生かされている。
これまでにもジャズの巨匠チャーリー・パーカーをモデルにした映画「バード」を監督したり、自らの映画(「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」「父親たちの星条旗」)の音楽担当も行っている。
また中年の歌手を主人公にした映画「センチメンタル・アドベンチャー」では、監督・主演をし、自らギター、ピアノを弾き、歌も歌っている。
この映画で共演した息子カイル・イーストウッドは、後にミュージシャンとなって、父親の監督作品(「ルーキー」「硫黄島からの手紙」「グラン・トリノ」「インビクタス/負けざる者たち」)では音楽を担当している。
そんな音楽に縁の深いイーストウッドが監督したのが、映画「ジャージー・ボーイズ」である。
原作はトニー賞受賞のミュージカル。
1960年代に活躍したアメリカン・ポップスの人気グループ「フォー・シーズンズ」の光と影を描いた物語だ。
「フォー・シーズンズ」といえば、「シェリー」である。
独特のファルセットで歌う、あの懐かしのヒット曲だ。
歌うのはフランキー・ヴァリ、この映画では舞台同様ジョン・ロイド・ヤングが演じている。
てっきり吹き替えだと思ったが、実際に彼自身が歌っているそうだ。
しかも他のメンバーたちの歌も、全員吹き替えなしというから驚きだ。
彼らの歌うシーンを観ているだけでも値打ちがある。
さらにドラマの方も歌に負けない面白さ。
イタリア系の移民街で育った不良少年たちが、歌を武器に次第にのし上がり、人気者になっていく軽快なサクセスストーリー、そしてその後に訪れる挫折と再会。
ドラマとしても文句なしの一級品。
さすがはイーストウッド、手堅い職人技である。
若造たちに注がれるイーストウッドの眼差しが辛辣で暖かい。
そしてラストで見せてくれる、出演者全員によるダンス・シーン。
ここではフォーシーズンズの後見役であるマフィアのボスを演じたクリストファー・ウォーケンまでが、一緒になって踊って見せてくれる。
さすが若い頃ダンサーだっただけあって、動きが軽やかだ。
この大団円によって映画は最高に盛り上がって終わる。
音楽映画らしいハッピーな終わり方に拍手喝采である。

それにしても齢84にしてこんなにも楽しめる映画を作り出すとは。
老いてますます盛んなイーストウッドに乾杯である。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 映画レビュー  ジャンル : 映画

Newer Entry宇江佐真理「余寒の雪」 Older Entry今月観た映画と読んだ本(2015年2月)
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017