風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 西村賢太  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

西村賢太「棺に跨る」

hitsuginimatagaru.jpg

先日読んだ「歪んだ忌日」と同時期に出された短編集である。
奥付を見ると2013年4月となっている。
「歪んだ忌日」が2013年6月の出版なので、その直前ということになる。
読む順番が逆になってしまったわけだ。

「棺に跨る」「脳中の冥路」「豚の鮮血」「破鏡前夜」の4篇から成る秋恵ものの連作短編集である。
例のごとく貫多と秋恵の歪な同棲生活が描かれているが、内容はこれまで読んできたものと重なる。
相変わらず自分勝手な貫多の右往左往する心の動きと、それに対する秋恵の反応が面白い。
結局最後は破局を迎えることになるのだが、全編それを予感させながら淡々と話が続いていく。

「今更ながらに随分と粘着質な道行だと、些か呆れてもいる。」というのが作者の言であるが、それをまた飽きもせず読むほうも、案外と同様の傾向があるのかもしれない。
しかしそれでいて面白く読ませてしまうのは、やはり西村賢太の筆力のなせる業。
「最早、脱け出すことも叶わぬ深さにさしかかっている」のかもしれない。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry松田哲夫「縁もたけなわ ぼくが編集者人生で出会った愉快な人たち」 Older Entry雪国の朝
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017