風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「もらとりあむタマ子」

m-tamako.jpg

ほとんど何も起きない。
同じ日常の繰り返しが、だらだらと続くだけ。
そんな何も起きない日常のなかで、主人公のタマ子はただただ惰眠を貪っている。
漫画を読むこと、テレビを見ること、食事をすること、それだけで一日は終わってしまう。
そんなだらしのないタマ子に、父親は時たま小言を言うくらいで、それ以上の騒動に発展することはない。
そして甲斐甲斐しく食事を作り洗濯をし、家業のスポーツ店の開店時間になると、決められた手順で店の開店準備をする。
こうした変わらぬ日常が永遠に続くのではないかと思えるくらい、同じシーン(開店の準備と食事)が繰り返し写し出される。
しかしその何も変わらないと思われていた日常が、父親の再婚話が持ち上がったことからほんの少しだけ変化の兆しを見せていく。
これはそんな映画である。
見方によっては退屈きわまりない映画になってしまうところだが、けっしてそうはならないところが山下敦弘の映画の一筋縄ではないところ。
「どんてん生活」、「ばかのハコ船」、「リアリズムの宿」、「苦役列車」といったダメ人間ばかりを撮ってきた山下敦弘ならではの腕の冴えである。

タイトルにあるモラトリアムとは、若者が社会に出ていくまでの猶予期間のことを指す。
通常否定的な意味で使われることの多い言葉だが、ここではそうではない。
否定も肯定もしない。
ただあるがままの姿として映し出していくだけ。
「もらとりあむ」とひらがな書きで使われているところにも、そうした意図が込められているように思う。
なぜタマ子はこういう態度をとるのか、その原因はいったい何なのか、そういったこともいっさい描かれない。
またこうしたタマ子のまわりには、当然のことながら男の影などいっさいない。
近所の写真館の中学生の男の子を、子分のように顎で使うくらいが関の山である。
そんなないない尽くしの映画だが、その独特のリズム感がすこぶる心地いい。

この映画を観ながら以前観た同じ山下監督の手になるショートムービー「曇天吉日」を思い出した。
こちらもごくありふれたクリーニング店の日常を描いた映画だったが、流れる空気感は同じである。
そういえばこの映画の主人公も、今回父親役を演じた康(かん)すおんであった。
こういうどこにでもいそうな普通の男を、演技とは思えない自然体で演じていて適役である。
山下監督の映画ではお馴染みの役者ということで、これまでにも「リアリズムの宿」、「松ヶ根乱射事件」、「マイ・バック・ページ」などにも出ていたそうだが、気づかなかった。
「曇天吉日」で初めてその存在を知ったのである。
今後とも注目していきたい役者である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト

Newer Entry今月観た映画と読んだ本(2014年9月) Older Entry映画「小さいおうち」
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017