風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 山田洋次  

Comment (2)  Trackback (0)

映画「小さいおうち」

chiisaiouchi.jpg

山田洋次監督の父親は、満鉄に勤めるエンジニアであった。
その仕事の関係から、二才の時には満州に移り住み、終戦を迎えるまで、奉天、ハルピン、新京、大連などを転々とした。
奉天で暮らした小学二、三年生の頃、山田少年の家には、ふみさんという若いお手伝いさんがいた。
ある時、彼は、ふみさんに連れられて映画を観に行った。
その時観たのが田坂具隆監督の「路傍の石」であった。
この映画は山田少年に強い印象を与えたが、それ以上にこの映画を観ながらふみさんが、その白い頬を涙でベショベショに濡らして声をあげんばかりに泣いていた姿が、強く印象に残った。
<幼くして両親を失い、見知らぬ他人の家を転々としてめぐり歩く吾一少年の悲しい運命はふみさんにとっては、けっして他人事ではなかったに違いない。映画というものは、そのように、まるで声をあげんばかりに観客を泣かせるほど、強く訴える力を持つものだということを、少年の私は痛切に思い知らされたのだった。>
これは山田監督のエッセイ集「映画館(こや)がはねて」の中に出てくる子供時代の印象的なエピソードである。

おそらく山田監督は、自らの精神形成に大きな影響を与えたであろうこの時代の風景を、映画としてきっちりとそして正確に残しておこうと考えたに違いない。
その結実が、今回の映画「小さいおうち」であった。
そこには山田監督が育ってきたモダンで折り目正しい昭和の風景が見事に再現されている。
その象徴となるのが、赤い三角屋根の「小さいおうち」であった。

「この作品は、東京郊外のモダンな家で起きた、ある恋愛事件の秘密を巡る物語が核にあるけれども、そのストーリーの向こうに、あまり見つめられてこなかった当時の小市民家庭の暮らし、戦前から敗戦の時代を描きつつ、更にはその先に、果たして今の日本がどこへ向かっていくのか、というようなことも見えてくる作品にしたい」と語るような物語がリアルにそしてドラマチックに展開されて見応えがある。

母べえ」「おとうと」「東京家族」と続いてきた山田作品だが、どれも今ひとつ乗り切れないものがあった。
だが、この作品でようやく山田監督らしい冴えが戻ってきたのを感じた。
間違いなく代表作のひとつになるだろう。
久しぶりに堪能することのできた山田作品であった。
それにしても82歳でこうした瑞々しい意欲作を作るとは、山田監督の凄さに、改めて敬服した次第である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画

Newer Entry映画「もらとりあむタマ子」 Older Entry片岡義男「短編を七つ、書いた順」
Comments


初めてコメントします。
私もこの映画が大好きです。山田監督の思いが静かにそして美しく伝わってきました。
特にこれから日本が進んでいこうとしている道への警鐘も感じ取れました。

ミス・マープルさん、コメントありがとうございます。
いい映画を観ると心が洗われると同時に、いろいろなことを考えさせられます。
そうした考えや思いを拙い文章でブログに書き続けています。
これからも印象に残った映画のことを書いていきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017